コブハクチョウのひな

a0145819_15264357.jpg



コブハクチョウの親子がいました。
家族4人(羽?)仲良くそよそよしてたのが、とっても微笑ましくて癒された~ (*^.^*)








こちらお父さん
a0145819_1530614.jpg






お母さんの後を付いていくひな。(*^.^*)
a0145819_15304884.jpg






もふもふしててとっても可愛い。(*^.^*)
a0145819_15312612.jpg






2羽一緒になってお母さんに付いていく。(*^.^*)
a0145819_1532915.jpg






ひなにはコブはないみたいですね。
ガーとか言ってる。(*^.^*)
a0145819_1533979.jpg





コブハクチョウは在来種ではないらしい。
飼育・鑑賞を目的に持ち込まれたものが野生化したものだという。

他のハクチョウは渡りだからこの時期にはもういない。
今いるハクチョウはこのコブハクチョウだけである。


外来種が増えることで在来生態系への影響が懸念されると言うけど、
こうして親子仲良く、平和そうに暮らしている姿を見ると、駆除するというのはあまりに可哀想です。
動物たちには罪はないんだけど、この先どんどん増えたとしたらどうなってしまうのだろう・・・?



***
by yah-_-yah | 2015-05-25 14:30 | 野鳥 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/21260150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukki6727 at 2015-05-25 16:08
yahさんへ こんにちは♪

コブハクチョウ 初めてみました♪
目の前のたんこぶ、邪魔のようで取ってあげたいですね(笑

ヒナちゃんのモフモフっぷり堪りませんですぅ♪
可愛いですね~??
手にとって、頬ずりしたいですぅヽ(^。^)ノ
Commented by yah-_-yah at 2015-05-25 17:02
●yukkiさん
こんにちは♪

コブハクチョウはあまりいないみたいですね。
今Wikipediaで見てみたら、1975年に大沼公園に観賞用で導入され、
生まれたひなの一部がウトナイ湖に定着したと書いてありました。
でもウトナイ湖に定着してるコブハクチョウは8羽くらいみたいです。
現在のところ生態系に大きな影響を及ぼすほどではないようです。

でも、赤ちゃんは可愛いですね(*^.^*)
Commented by rin-koko at 2015-05-25 20:08
こんばんは~☆
まぁ、可愛らしい!
コブハクチョウの雛は初めて見ますが
雛はまだコブがないのですね。
フワフワの羽に触ってみたくなります(^^)
Commented by yah-_-yah at 2015-05-25 20:36
●凛さん
こんばんはー。
ネイチャーセンターのレンジャーの方が教えてくれたんですよ。
とっても可愛いですから、機会があったら見にいってみてください。
この日はネイチャーセンター近くにいました。
(でも翌日行った時にはどこにいるのかわかりませんでしたが)
すぐ岸辺の至近距離にいたんですけど、特に警戒するでもなく、
一家で和やかにそよそよ泳いでましたよ。
名前
URL
削除用パスワード
<< キビタキの羽繕いと口舌り(ぐぜ... シマリー@ウトナイ湖 2015... >>