ニペソツ山 ・・・敗北・・・ 2015.6.14

a0145819_5474855.jpg



1週間前のニペソツ山のレコに 「ナキウサギがうようよ」 と書かれていた。



思えば初めてニペに登った 2011.9.11。

この時は確かにナッキーがウヨウヨいたのだ。
すぐ足元にまで現れたりして、特に探すでもなくナッキーを見ることが出来た。
初めて見るナッキーに、そしてそのナッキーがいるニペソツ山に感動したものだ。



しかし昨年も一昨年もナッキーはほとんどいなかった。
ナッキーはこのまま絶滅してしまうのか?と心配したが、今年はうようよと聞いて安心した。



そのナッキーを撮影すべく、ニペソツ山に出かけた。






=============================================



自宅を3時に出発。
千歳東ICで高速に乗り、音更帯広で降りる。
上士幌町のセブンイレブンで食糧を調達し、除雪ステーションにトイレに寄る。
登山口に着いたのは5:50くらいだったか。




先行者は7組。
この日は全部で11組の登山者だった。
標高年にはメチャクチャ登山者が多かったが、通常こんなもんですよね、ニペソツ山は。
これくらいでいいんです。







この日のミッションは2つ。

1. ナッキーの写真を撮る。
2. ツクモグサの写真を撮る。

それが果たされれば特にピークにはこだわらない。
むしろその分をナッキー撮影に時間を割きたかった。










曇りで時折陽が差す天気の中スタート。
a0145819_653359.jpg






お馴染みのスタート直後の丸太渡り。
中央部には土砂が溜まっていて、実質水の上を渡るのは半分もなかった気がする。
a0145819_684129.jpg











いつもなら1時間と少し歩けば後方に「おっぱい山」が見えるのだが
この日はガスガスで展望がない。







しかしホシガラスだけは妙に多かった。
a0145819_6343626.jpg









そしてこれもお馴染みの大岩。
行きも帰りも上から行く。下段のへつりはどうも苦手。
a0145819_694547.jpg






雪渓も所々残っている。
一部ルートが非常に分かりにくい場所があったが、先行者の足跡を頼りに突破した。
a0145819_611069.jpg







例の?直角カーブ部分。
いるときにはここら辺りからナッキーがいるのだが、、、この日はまったく鳴き声さえ聞こえない。
a0145819_6121538.jpg








振り返ると少し青空が見えてきた。
いいぞ!早く回復してくれ!
a0145819_6284283.jpg









ガレ場毎にナッキーを待つが、まったくいない。
たまに遠くの方で鳴き声がする程度。
晴れそうになってきたのがせめてもの救い。
a0145819_8285917.jpg









ミネズオウが見頃を迎えていた。
a0145819_12452879.jpg



ミネズオウはとってもちっちゃい花だ。
ちっちゃいからよく見ないと分からないが、可愛い花だ。
小さくて目立たず、素朴だけど可愛い。
まさに高山植物だ。
花の中に水をしたためている姿がまた可愛かった。
a0145819_1247416.jpg






コメバツガザクラも同じように小さい花だ。
同じツガザクラ系でもエゾツガやアオツガのようには目立たない。
a0145819_1249518.jpg











前天狗まで来たが、ガスっていてニペの全貌が見えない。
a0145819_12503377.jpg






携帯トイレブースはまだ建っていなかった。
a0145819_12512323.jpg






雲は晴れそうで晴れず、むしろ濃くなってきたから先に進むことにした。
a0145819_12522853.jpg









天狗平に向けてのガレ場を下る時も、ナッキーの姿を探しながら歩いた。
が、ここにもまったくいなかった。











天狗岳の「ツクモグサ・ポイント」までやってきた。



陽が差さないからほとんど蕾のままだった。
a0145819_1255241.jpg




ツクモグサは可愛い花だ。
a0145819_12585291.jpg



咲く山も非常に限られている。
北海道ではこのニペソツ山と、ピパイロ岳、ニセイカウシュッペ山、芦別岳くらいだ。
昨年はこの時期に ツクモグサを見るためにピパイロに登った が、とても遠くて辛かった。
でも、苦労してでも見る価値のある花である。

a0145819_1302163.jpg




超ドアップで。
よくよく見ると蜘蛛の赤ちゃんのような虫がいる。
a0145819_1324978.jpg



*ツクモグサに関してはこちらのHPに詳しいので興味のある方はどうぞ!
→ ツクモグサの散歩道










この日初めて、ニペの山頂が見えた。
しかしこの後はまたガスに包まれ、結局2度と見ることはなかった。
a0145819_1363140.jpg











この辺りまで来ると朝早い出発の人たちが続々と降りてきた。



さほど多くない登山者の数ではあったが、何人もの方から声をかけていただいた。
こうして山の中で声をかけてもらえるのは有難く嬉しいことだ。










まずは、I_am_Ryoさん

「yahさん?」と声をかけられる。
初対面なので僕の方は顔を知らない。「?」って顔をしてると。
「Ryoです。」と。

しかし自分の思い描いていたRyoさんのイメージとチョット違ったので
「I_am_Ryoさんですか?」と聞き返してしまった。
Ryoさんは可愛らしい、愛嬌のある顔だった。
しかし考えてみるとRyoさんの書く文章はいつもユーモアに富んでいて、
キャラクターにマッチしてるとも言えなくない。


Ryoさん、お声かけていただいてありがとうございます!
a0145819_13142376.jpg











続いて Gyoさん夫妻

Gyoさんといえばネット上でのお付き合いは何年も前からあったのだけど、
1週間前のカチポロ でやっと念願の初対面を果たしたばかり。
それが2週続けてまたお会いすることになろうとは!

「今日はノゴマ祭りだよ!」と教えていただいた。
この日至る所でたくさん鳴いていた鳥。それがノゴマらしいのだ。
ノゴマは見たことはなかったが、喉元だけが赤い特徴的な外観なので見ればすぐ分かる。
でも鳴き声は知らなかった。
下山時にはノゴマも気にしながら歩くことにしよう。
a0145819_14511327.jpg









そして mamizoさん

mamizoさんといえば確か一昨年の樽前山で会って以来、2度目の出会いだ。
前日の23時に札幌を出発し、ところどころで仮眠を取りながらきたそうだ。
女一人、遠い所からお疲れさまでした!
次もまた声かけて下さいね!
a0145819_14515081.jpg






他にも下山するときにスライドした、同じ千歳から来たという単独男性から声をかけていただいた。
この方は特にブログなどはやってらっしゃらないらしいが、いつも僕のブログを見てくれていると。
ありがとうございます・・・m(_ _)m















山頂直下のガレ場では近くでナッキーの声を聞いた。
が、待ってもやはり姿を見ることは出来なかった。











ナッキーが現れそうな感じがないので、そのまま歩いたら山頂に着いてしまった。
a0145819_14544694.jpg





待てば晴れるかと思いきや、全然甘かった。
a0145819_14553098.jpg





ここからの景色は皆さんお馴染みかと思うので、どうぞ脳内景色で楽しんでください。


a0145819_14563811.jpg




a0145819_1456591.jpg






何も見えない山頂で時間を潰すくらいなら
ナッキーの出待ちしてた方がいいので降ります。
a0145819_14575277.jpg











下山時も同じようにガレ場で待ってみる。
たまに鳴き声はするんだけど、姿は見えない。










ツクモグサポイントまで降りてきた。
太陽が出ないから、花も開かない。
a0145819_1514686.jpg





さようなら、ニペ。
今度来た時には姿を見せておくれよ。
a0145819_1524485.jpg











キバナシャクナゲがたくさん咲いていた。
a0145819_1532475.jpg










ナッキーがあまりにも出てこないので、今度はノゴマ探しをしてみた。
ノゴマは割と簡単に出てきてくれた。
a0145819_1544292.jpg



元気に鳴いていた。
ノゴマもかなり複雑系の鳴き方だ。
先日の樽前山で会ったビンズイとかヒバリもそうだが、複雑系はまだ聞き分けができない。
a0145819_15514419.jpg












1輪だけ見つけたミヤマキンバイ。黄色が鮮やか!
これから色んな山でたくさん見ることでしょう。
a0145819_1573763.jpg












この後、結局ニペの姿を見ることなく前天狗を後にした。








下山中もしばしばナッキー出待ちをしたが、結局は1枚も写真を撮れなかった。
チラッと姿を見かけたのは3回くらいあったが、ザックからカメラを取り出してる間に隠れてしまった。


それならとカメラを提げて待機してると、今度は現れてくれない。
こんなもんだよね、人生・・・。











やっと石狩連峰が見えた。
a0145819_15104377.jpg





石狩岳をアップで。
a0145819_1512496.jpg





音更山。
a0145819_15123983.jpg






そしてユニ石狩岳。
a0145819_15134334.jpg

今年の3月15日に登った時 にはどこが山頂かはっきりしなかったが、確かにダラダラっとした山頂だ。
こうして見ると右端の方のピョコッとした部分が山頂なんだろうと分かるけど。






そしてウペペサンケもようやっとその姿を見せてくれた。
a0145819_1517511.jpg












ナッキー撮影が不成功に終わり、下山の足取りは重かった。
予定では可愛いナッキーの姿をバシャバシャと大量に撮るはずだったのに。。。(/_-。)。。。
背中の撮影機材が余計にズッシリと重く感じられた。










そんな中、花たちがわずかばかり元気づけてくれる。



ショウジョウバカマ
a0145819_15203658.jpg






キバナノコマノツメ
a0145819_15211075.jpg






ミヤマスミレ
a0145819_15213939.jpg






ムラサキヤシオ
a0145819_15221375.jpg














無事に下山。
先週のカチポロでは最後はちょっと右膝が痛くなったから、今回はかなり気を付けて降りてきた。
おかげで膝痛は出なかった。よかった。
a0145819_15232314.jpg



登山者名簿に下山時刻を書き込むときに、Gyoさんの相方さんからメッセージが書かれていた。


おつかれ様でした!またどこかで!!


心がほっこりした。






【参考タイム】
6:12登山口-9:02前天狗-10:57山頂着
11:10山頂発-13:00前天狗-15:45登山口

登り:4時間45分、下り:4時間35分
32,212歩










下山後、林道から国道に出て糠平温泉に向かってる途中。



ちょっと疲れて少しボーっとして運転していた。
ボーっとだから速度はそれほど出ていなかったはずだ。
といっても法定速度内ということはなく、+10くらいだったと思う。



そこに後ろから迫ってくる黒いクラウン。


「ちょっと遅すぎるかな?」と少しアクセルを踏み込んだ。



と、そのしばらく後にクラウンの赤色灯が回った。

Σ( ̄□ ̄;)!!!

しまった!!と思った時には時既に遅し、、、




a0145819_15323973.jpg




後ろから黒いクラウンが迫ってきても、絶対にアクセルを踏み込まず、
逆に減速するようにしてください。
ワナにハマります。


免許の色分け制度が出来て初めての免許こそゴールドだったが、
その後はコンスタントになんやかんやで捕まっている。
クルマに乗り続けてる限り、2度とゴールドにならないような気がする。










その後は「たまには違う風呂に」と、糠平温泉の 『湯元館』 で温泉に入って帰った。
a0145819_1535264.jpg

いいお湯でした!
「豪華でなくてもいいから、昔ながらの趣のあるお風呂にのんびり入りたい」
という人におすすめ。

日帰り入浴500円で、風呂場にはリンスインシャンプーとボディソープの備付はあります。








あ~あ。今回の山行は高いものについたなぁ。。。


今回は敗退ではないけれど、『敗北』である。
一番の重要ミッションを果たせなかった。


リベンジすべく、ナッキーのいっぱいいる所に完全撮影メインで登りたい。







***
by yah-_-yah | 2015-06-15 16:00 | 登山(東大雪) | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/21344535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyuujitunituki at 2015-06-15 16:40
yahさん、こんにちは。
ニペソツ、お疲れ様でした。
ナッキーに逢えなかった事より、最後の赤色灯の方が応えますね。私の場合、意外に同じことが続きますので今後しばらくはお気を付け下さい。でも、色々な花たちに癒されて良かったですね。決して、敗退ではないですよ。ナッキーは、死ぬまでには一度この目で見たいと思っています。そちらに行ける歳になったら、是非ご案内をお願いしますよ。
Commented by yah-_-yah at 2015-06-15 17:12
●kyuujitunitukiさん
こんにちは。
ナッキーはその日の天候や時間帯などで出たり出なかったりするので、
ある日のある時間帯にいっぱいいたからと言って、いつでもいるとは限りません。。。残念。。。

珍しく4年くらい捕まってなかったので、そろそろゴールド狙うかな?と思っていただけに残念です~(T△T)

ナッキー見に来るなら秋が一番会いやすいと思います!
その時はyukkiさんやyamakawaさんも誘って、わいわい楽しくやりましょう!
Commented by yukki6727 at 2015-06-15 17:17
yahさん こんにちは♪

今回は随分と淋しげなレポですね♪
とはいえ、やっぱりyahさんの撮る花画像には癒されましたよ♪
ツクモ草も開いていなかったようですが、とってもいい感じに撮れてて素敵です(*^_^*)
ひとつのお花のために山登りしたことはありませんが
ツクモ草はその価値がありそうな花で一度は見てみたいお花です(*^^)v
やっぱりマクロレンズ欲しくなっちゃいました( *´艸`)

ナッキーは残念でしたね♪
でもナッキーシーズンは、これからですからチャンスは沢山ありますよぉ
yahさんの撮るナッキー楽しみにしています!!
もちろん私もナッキーに会いにいきますよぉ(*^^)v
Commented by yah-_-yah at 2015-06-15 17:29
●yukkiさん
こんにちはー。

オヤジの哀愁が漂ってましたか・・・(T△T)
いいことないかナァー(T△T)

ツクモグサは完全にパカッと開いた状態よりも、つぼみから半開きくらいの方が可愛いです!
もう少し開いてくれたらなぁとも思ったけど、これはこれで可愛いです。

ニペのツクモグサはピパイロよりは行きやすい場所にありますよ!是非!
yukkiさんがマクロを持ってなかったとは意外!
僕は60㎜、90㎜、150㎜と3本持ってます!

ナッキーに関してはどこでリベンジしてやろうかと、沸々と計画中です・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
Commented by mousoudonnguri at 2015-06-15 20:09
こんばんは^^
ニペソツいいですねぇ。
日の長い今時期がのんびり歩けていいかもしれませんね。

クラウンの罠に掛かってしまったのですね;;
糠平湖沿いは白バイもよく待機しているので要注意です!

湯元館のあっっっついお湯自分も好きです^^v
Commented by murakami2231 at 2015-06-15 20:29
yahさん、こんばんは。
私も初めてニペに登った時は、ナキウサギのあの鳴き声の多さに驚きました。下山では、穴から出てきてまた別の岩の隙間から出てくる愛くるしい姿に魅せられました。北アルプスでも見た事が無かったものですから。

下山後はやられましたね(ToT)砂川の事件後、道警は「手ぬるい」と本部長が公安当局から叱責を受けたとか。+10km/hでも、目立つ車は要注意ですよ!オービスは普通は+30km/hで光りますが設定を変えて一網打尽作戦も。紺色のレガシーDITも配備されています。300psの加速は、重装備でもロードスターを追い込むでしょう。
黒いクラウンは天馬街道でも暗躍しています。当麻町から愛別へ抜ける道道140号線でも。80-140km/hで走っていると、面白い位出てきますよ。ナッキーより簡単に会えます。勿論、後ろに付かれる前に目印の車の後ろに付きガツンとブレーキをかけます。バックミラーと左右のサイドミラーを90%見ているので、前を10%で見なければならず、シカが飛び出せばおしまいですが。
数キロ前で車を見分ける動体視力も衰えました。疲れて前を見て運転する時は、+10km/hまでで後ろに車が来れば路肩によって譲ります。メリハリこそタイムイズマネーの人生。

偉そうな事を言う私も、今年の免許更新でこの4月にHiroが昼食のため外したシートベルトで1点でブルーに。家族は皆、私が捕まらないのが不思議な様です。後ろ左右は当然、前は1-2km先、頭上まで(ヘリ)気にしなければBMWのリミッターに届きませんから。
Commented by yah-_-yah at 2015-06-15 20:52
●mousoudonnguriさん
今時期は日が長いので山歩きものんびり出来ていいですね。
でもニペの姿は夏以降の方が緑が増えて綺麗かもしれませんね。

黒いクラウンに久しぶりにやられました。
こちらでも覆面は黒クラウンと相場が決まってます。
いつもは無骨な黒クラウンには充分注意してるんですが、昨日はその注意力がかなり落ちてました(>_<)

湯元館の源泉は60℃って書いてましたね。
あっついワケです。
Commented by yah-_-yah at 2015-06-15 20:57
●murakamiさん
こんばんは。
ナッキーの可愛い姿を綺麗に撮りたいんですけど、今回はそれは叶いませんでした。
今度はどこに撮りに行くかと思案中です。

昨日は確かに「狙われた」感がありましたね。
恐らく+10km/hで走っていたんだと思うんですが、
「こいつは後ろから煽ればスピード上げる」と思われたのでしょう。
まんまと罠にハマってました。
それでもボーっとして飛ばしてはなかったので18km/hオーバーで済みました。

ちょいちょい捕まるから近年はかなり注意して運転してたんですけど、昨日は不覚でした(>_<)
Commented by なまけ者鳥見人 at 2015-06-15 21:41 x
ルート的に多いですよね?
最近は、いたましい大きな事故もありましたし。

ということで(って、前述とは無関係)私はまだホシガラスを見ていません(^_^;)
Commented by yamakawawalk at 2015-06-15 21:59
こんばんは。

ニペソツ山のナッキーは僕も心配なので、今年も調査に行かねばと思っていたところです。
ツクモグサは東壁の崖じゃなくても咲いてるんですね(^^;;

あちゃー、やられましたね、って実は僕も先月厚真でやられました(笑)
1万5千円コースです(^^;;
交通安全週間の名を借りた査定アップ週間(笑)にシルバーのレガシーB4でした。
ウペペの帰りには道東道の追分インター近くでレーパトに追尾されかけましたが、追尾開始直後に気づいてガッツリエンブレかけてから65kmで走ってやりました(笑)

これからの登山の行き帰りは気をつけないとですね(^^;;
Commented by yah-_-yah at 2015-06-15 22:08
●鳥見人さん
僕はこの場所で初めて見ましたが、みんな飛ばす道路ですしいてもおかしくないですよね。
しばらくはいつも以上に注意した方がよさそうですね。

ホシガラスって山に行けばちょいちょい見ますけど、平地に降りてくることってないんでしょうかね?
ギンザンマシコも札幌市内で見れることもあるらしいし。
Commented by yah-_-yah at 2015-06-15 22:20
●yamakawawalkさん
こんばんは。
今回はチラ見程度しか出来なかったナッキーですけど、かなりの数生息はしているようで一安心です。

昨年のyamakawaさんの記事で、すごい場所にしか咲いてないのかと思ったら、普通に登山道脇に咲いてました。
それもかなりの数でしたよ。
僕が思うに今年は高山植物の当たり年なのではないかと。
これから楽しみです。

yamakawaさんもやられたんですか~(>_<)
結構みんなやられてるんですね~(>_<)

スピード違反は30㎞以上とそれ未満が天と地の分かれ目なので、それだけは絶対避けたいところですね。

想定外の時やボーっとしてる時には注意ですね。
慣れない土地ではどこら辺に潜んでいるかわからないからホント気を付けないと。。。
登山帰りは疲れてボーっとしがちなので特に。
Commented by はすかっぷ at 2015-06-16 10:44 x
ナッキーならやはりトムラウシ、あとは音更山のブヨ沢側の登山道で沢山出会いましたよ(ФωФ)
天気が良ければ沢山出て来てくれるんですけどね(^_^;)yahさんの撮ったナッキー楽しみにしてますょ(^○^)
Commented by yah-_-yah at 2015-06-16 11:34
●はすかっぷさん
大雪山系・十勝連峰・日高のガレ場ならだいたいナッキーがいると思うんですが、
出てきてくれるかどうかは天候や時間帯や運などが関係するんでしょうねぇ。
登山しなくても見れる場所としては望岳台や駒止湖などがあるし、そういう場所だとじっくり待つことも出来ますね。

美瑛富士避難小屋の向かいにある石垣山のガレ場には去年たくさんいました。
あそこならちょっと待てば撮れそうな気がします。
Commented by elegancia at 2015-06-16 17:41 x
レポの中で紹介いただいた千歳市在住の者です。
yahさんのブログの大ファンで、私が登山を始めたきっかけはこのブログのおかげです。
まだまだ山歴は浅く、支笏湖周辺の5山をベースに羊蹄山・空沼岳・定山渓天狗山・オロフレ山・ホロホロ山・徳瞬瞥山・室蘭岳・夕張岳・芦別岳・ニペソツ山・旭岳のみの駆け出しです。
またどこかの山でお会いできるのを楽しみにしております。
Commented by yah-_-yah at 2015-06-16 17:49
●elegancia さん
先ほどはヤマレコの方にもコメントいただきありがとうございますm(_ _)m
拙いブログではありますが、それが誰かが何かを始めるきっかけとなったのであるとするならば、嬉しい事です。
僕もまだまだ登山について偉そうに語れる立場ではありませんが、
羊蹄・夕張・芦別・ニペソツ辺りを登れる体力があれば、だいたいの山は大丈夫そうですね。
表大雪はまだ旭岳のみと言うのでしたら、花の時期に黒岳辺りから登ってお鉢1周してみることをオススメします!
花がいっぱいで癒されます。

それでは、またどこかで!
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳(樽前山七合目より) ... ノゴマ >>