【大雪山お花見】 黒岳 → 旭岳 縦走 2015.8.9

a0145819_1282533.jpg




登山はまだ無理なしずが、またクルマを回してくれると言う。
お言葉に甘えて滅多にできない縦走(第二弾)をしてきた。



今回は大雪山のお花見メインで黒岳から登り旭岳へと降りた。











=============================================



いつものように三笠で4時に待ち合わせ。
三笠から高速に乗って上川層雲峡で降りる。
降りてすぐのセブンイレブンで食糧調達。


層雲峡に着いたのは6時過ぎだった。
黒岳ロープウェイの近い側の駐車場は既に満杯だった。





6:30発のロープウェイに乗る。
始発とかは満員だったのかもしれないが、この時間は結構空いていた。
リフトもモチロン利用する。
文明の利器を利用するより歩きたいというほど、ガツガツ歩きたいワケはない。
楽させてもらえるところは、しっかり楽させてもらう(笑)
ちなみにロープウェイは片道1,100円、リフトは400円だ。往復で買うと少し安い。








七合目展望台より。雲海は既に小さくなっていた。
a0145819_1365275.jpg



相変わらず七合目にはシマリーがいた。
観光客に囲まれていたのでそこはスルーした。








今日は花メインなのでマクロに付け替え、7:05にスタートした。









ハイオトギリ
a0145819_139212.jpg






カラマツソウ
a0145819_1394661.jpg






マルバシモツケと蜂
a0145819_13101749.jpg






ハクサンボウフウ
a0145819_13104162.jpg






ダイセツトリカブト
a0145819_1311711.jpg






ウメバチソウ
a0145819_13113089.jpg






チシマノキンバイソウ
a0145819_1312979.jpg






エゾウサギギク
a0145819_13123228.jpg






チシマアザミとコヒオドシ
a0145819_1313204.jpg






イワギキョウ
a0145819_13134147.jpg






オニシモツケと蜂
a0145819_13141929.jpg






エゾノレイジンソウ
a0145819_1314466.jpg






ミヤマキンポウゲ
a0145819_1315157.jpg






ナガバキタアザミ
a0145819_13154479.jpg






シマリーが不安定な枝につかまって何か食べていた。
a0145819_13163372.jpg






トカチフウロ
a0145819_13165810.jpg






タカネトウウチソウ
a0145819_13173466.jpg











全身汗でグダグダになりながら、1時間11分かかって山頂到着。
a0145819_1318462.jpg

気温はそれほど高くなく暑さは感じなのに、汗はポタポタと留めなく落ちてきた。
他の登山者もそうだった様子。湿度が高く、風が通らない斜面のせいかな。


山頂はそこそこ風があるので、じっとしてると汗が冷えて寒くなりそうだった。
少し腹ごしらえして、風景と花の写真を撮ったら先へ進む。





雲が多くどんよりしてるが、景色が見れるだけよしとしなきゃダメか。
a0145819_1321229.jpg









イワブクロ
a0145819_13224918.jpg






コマクサはほとんど終わっていた。
a0145819_13231523.jpg






エゾツツジ
a0145819_13233783.jpg






メアカンキンバイ
a0145819_1324020.jpg






出た!楽しみにしてた花のひとつ。
チシマツガザクラ
a0145819_13245127.jpg

形も配色も可愛らしい花だ。
a0145819_13253222.jpg








黒岳石室。
特に寄らなくてもいいのだが、一応トイレを借りていくことにする。
a0145819_13354274.jpg


トイレを利用したら協力金200円をここに入れましょう。
このトイレを維持するのはお金がかかるのです。
登山させてもらう者として、それくらいは当然の協力でしょう。
a0145819_13363425.jpg






旭岳に行くのにお鉢は時計回りで行くか、それとも反時計回りで行くか?


それは迷うことなく時計回り。


なぜならこちらのルートの方が花が多いし、北海岳への登りには目的の花がある。










チングルマ
a0145819_1338497.jpg






ミヤマアキノキリンソウ
a0145819_13392888.jpg






バイケイソウ
a0145819_13395074.jpg






赤井川の渡渉点は石伝いで問題なし。
a0145819_13403175.jpg






エゾコザクラ
a0145819_13412588.jpg

エゾコザクラの群生
a0145819_13423043.jpg






アオノツガザクラ
a0145819_13431891.jpg

アオノツガザクラの群生
a0145819_13441349.jpg






コエゾツガザクラ
a0145819_13445156.jpg

コエゾツガザクラの群生
a0145819_13451486.jpg






エゾノツガザクラ
ここには完全純粋なエゾノツガザクラはない感じだ。
a0145819_13462696.jpg






緑の中に白いセリ科の花の群生。涼しげな感じ。
a0145819_13471321.jpg






チングルマの綿毛
a0145819_13474838.jpg






北海沢は春の景色だった。
ちなみにこの沢の渡渉も無問題。
a0145819_13483912.jpg







会いたかったよ!クモマユキノシタ!
a0145819_13492632.jpg






チシマクモマグサ
a0145819_13501058.jpg

可愛らしい花だ。
a0145819_13511627.jpg

チシマクモマグサと蜂
a0145819_13515072.jpg






エゾヒメクワガタ
a0145819_13521329.jpg






再びチシマツガザクラ。
a0145819_13525758.jpg











あった!
白いイワブクロだ!
a0145819_13532872.jpg

3年ぶりの再会。
会いたかったよ!元気そうで何より!
a0145819_13581391.jpg

バイバイ!また会いに来るからね!それまで元気で!(@´▽`@)ノ~~~
a0145819_140331.jpg













エゾイワツメクサ(大雪山の固有種)
a0145819_1404841.jpg

派手さはないけど、清楚で可憐な感じが好きだ。
a0145819_1411845.jpg






ヒメイワタデ
a0145819_14114819.jpg






クモマユキノシタ、再び!
a0145819_14122193.jpg






ヨツバシオガマ
a0145819_1413681.jpg






ウスユキトウヒレン
a0145819_14135138.jpg

とてもロマンティックな響きの名を持つ花。
僕は勝手に 『薄幸逃避恋 』 と当てている(本当は「薄雪唐飛廉」)。
a0145819_14153314.jpg











ってことで北海岳に着きました。
a0145819_1416798.jpg



雲が多くて景色の色はイマイチ。
a0145819_1417033.jpg




白雲岳方面
a0145819_14174082.jpg

山頂ズーム!
a0145819_14184532.jpg




黒岳方面
a0145819_1418457.jpg

山頂ズーム!
a0145819_1419184.jpg











北海岳山頂では2度目の腹ごしらえ。
一応しずとは14:30に姿見駅で待ち合わせとしてある。
先を急ごう。









行く先に旭岳の頭が見えた。
a0145819_14203443.jpg






トムラウシはずっと雲がかかっていて、1度も見ることは出来なかった。
a0145819_14211665.jpg





エゾウサギギクがほのぼのとした風景を織りなしていた。
a0145819_1282533.jpg







ちょうど黒岳の反対側まで来た。
a0145819_1421571.jpg











ここで反対側から歩いてきた男性に「もしかしてyahさんですか?」と声をかけていただいた。

それはブログ 『 四季百彩 』 の管理者、ydc0997さんだった!
思いがけない出会いにビックリ!

こういう出会いもブログに顔出ししていればこそ。
声をかけられると嬉しいですね!

別れ際に記念に1枚撮らせてもらいました。
a0145819_14255553.jpg











旭岳に向かう間宮分岐まで来たが、間宮岳の山頂標識はすぐそこに見えている。
荷物をデポしてひとっ走り行ってきた。走って1分。
いや~、表大雪はどこでも人がいるから、写真を頼めてイイネ~( ̄▽ ̄)
a0145819_14274836.jpg












また間宮分岐まで戻ってそこで3度目の腹ごしらえ。
そろそろ出発するかな~、と思ってた時に旭岳方面から歩いて方たちに
「どれくらい時間かかりますか?」 と声をかけさせていただいた。

それからチョットお話してるうちに、現在は横浜在住だが地元は苫小牧であるということが分かった。
そして僕のブログも見てくれたことがあると!
おおーっ!これまたビックリ!世の中って案外狭いねぇ~!なんてお話して。

これまた別れ際に写真撮らせていただきました。
みんなイイ笑顔です!
a0145819_1433341.jpg










さあさ。

それでは本日最後のピーク、旭岳に向かいましょう!
a0145819_14335265.jpg






裏旭のコルにはまだチングルマが残っていた。
ここも遅くまで雪渓の残る場所だ。
a0145819_14591616.jpg






ここに来て今回初登場のミヤマリンドウだが、実は道中の至る所でたくさん咲いていた。
あまりに珍しくないとどうしてもスルーしちゃう、、、
a0145819_1502242.jpg






裏旭のテン場はあまり人気がない。
a0145819_1511825.jpg


まだ雪渓は少し残っていたから、もうちょっとの間は水確保できそう。
a0145819_1515727.jpg






イワギキョウと旭岳。
さあ!本日最後の登りだ!!
a0145819_1525562.jpg





この裏旭の斜面は今回のルート上で唯一ちょっと危険な場所。
ザレザレで斜度がキツいから、非常に滑りやすいのだ。
以前ここに来た時、滑落して骨折し、ヘリで運ばれていった方がいた。
a0145819_1543178.jpg






ここは慎重に一歩一歩確実に登る。
振り返ると景色が綺麗だ。
a0145819_1552736.jpg





危険地帯は突破した。
あぁ~、山頂がもうすぐだぁ~(*^.^*)
a0145819_156982.jpg











イェーイ!
今日はもう登らなくていいよ!( ̄▽ ̄)
a0145819_157223.jpg











ここで4度目のもぐもぐタイム。
食べてばかりいるようだが、1度に食べる量が少ないからそんなでもないよー( ̄▽ ̄)


ぬるいコーラはどうかと思って、今まで登山に持っていくのは敬遠していたが。
この間のTVで田中陽希さんも飲んでいた(ペテガリの時ね)。
なので今回自分も試してみたのさ。
a0145819_1592633.jpg

ぬるくてもシュワッと爽やかだった。
が、炭酸の抜けも早いから、早いとこ飲み干さねばならない・・・。





また少し青空が出た隙に景色を撮る。
少しは陽が差さないと、景色の色が鈍くなる。
a0145819_1511797.jpg



さようなら、表大雪。また来るよ!
a0145819_15114399.jpg











旭岳からの下りも滑りやすくて注意だ。特に山頂近くは滑りやすい。
それでも下りだからサクサクと降りて行く。


姿見ももう少しだ。
a0145819_1513163.jpg






姿見の池まで降りてきたが、旭岳には雲がかかって「逆さ旭岳」はうまくいかなかった。
a0145819_1514018.jpg






バイケイソウ
a0145819_15142361.jpg






姿見周辺でもチングルマが群生で残っている場所があった。
a0145819_1515195.jpg






ホソバノキソチドリ
a0145819_15153122.jpg






タカネニガナ
a0145819_15155422.jpg






エゾオヤマリンドウ
a0145819_15162274.jpg






ワタスゲ
a0145819_15164291.jpg






着いた~♪
しずは中でもぐもぐしながら待っていると。
a0145819_15172646.jpg

下山はもちろんロープウェイ。片道1,650円也。










下山後は竹内智香さんちの温泉へ。
中でサイン本も売ってたよ。
いいお風呂でした~。日帰り入浴700円。
a0145819_1519054.jpg






やっぱ、大雪山の花はいいなぁ~(*^.^*)


クモマユキノシタ、エゾイワツメクサ、チシマツガザクラ、チシマクモマグサ。
この4つの花は勝手に「大雪の4大可愛い花」と認定してます。
(このうち大雪山固有種はエゾイワツメクサのみだけど)


白いイワブクロも健在でホッとしました。




【参考タイム】

7:06黒岳七合目-8:15~8:33黒岳-8:54~9:06黒岳石室-10:35~10:56北海岳
-11:40間宮岳-11:43~11:50間宮分岐-12:46~13:04旭岳-14:34姿見駅

26,880歩











***
by yah-_-yah | 2015-08-10 16:00 | 登山(表大雪) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/21534586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyuujitunituki at 2015-08-10 16:45
yahさん、こんにちは。
黒岳~旭岳の縦走お疲れ様でした。
やはり、大雪山系のお花は素晴らしいですね。
チシマクモマグサ・チシマツガザクラ・クモマユキノシタと珍しい花たちを拝見出来、ありがとうございます。
こちらで見る花と似たようなのもあるし、バイケソウがあるとは思いませんでした。
12Km以上の工程の様ですが、距離を感じさせない山行。
楽しすぎます。
家に帰ってからゆっくり拝見させて頂きます。
ありがとうございました。
Commented by yah-_-yah at 2015-08-10 17:04
●kyuujitunitukiさん
こんにちは。
やっぱ大雪山は花がたくさんでいいなぁと思いましたよ。
他では滅多に見れないような花が、ここに来ればいっぱい咲いてたりします。

そうそう。似たような花でも土地が違えば名前が違ったりしますよね。
素人には分からないくらいの、微妙な違いだったりすることもあります。
バイケイソウはこっちにも結構ありますよ!

12kmという距離はどちらかというと短めで、しかも高低差も少ないので楽な行程かと思います。
写真撮影が多くて時間はかかりますけど。。。
Commented by ydc0997 at 2015-08-10 21:37
こんばんは。
いやー、びっくりしました!
ブログそのままのお姿だったんで思わず声をかけさせてもらいました。
yahさんが私より先に間宮分岐を過ぎていれば会わなかったですから、
ほんと偶然ですね。
縦走でしたか。景色も倍楽しめるからいいですね。
あの後、名前わからない花けっこう撮ったんですがyahさんの写真見て判明しました^^
またどこかで会った時はよろしくお願いします。

Commented by yah-_-yah at 2015-08-10 22:03
●ydc0997さん
こんばんは!
昨日はお声かけていただきありがとうございました!
登山中に声をかけていただけるのは嬉しいものです。
同じ山を歩いていたとしても、紙一重で会えるか否かを分ける場合がありますね。
立ち止まって撮影してたポイントだったのもよかったかもしれません。
クルマの回収の問題があるから普段はなかなか出来ませんが、縦走は楽しいですね。
また見かけた時には声かけてください!
Commented by NyuzenN at 2015-08-19 09:08
こんにちは。
山はやっぱり良いですね。
素晴らしい山旅を拝見致しました。
私は北アルプス専門で来ましたが、腰と膝を痛めて
ここ数年はまともな登山は出来ませんでしたが、
ようやくこの秋には何とかなりそうです。
九月の連休は三泊を考えているのですが、時間が
取れるかが問題です。
Commented by yah-_-yah at 2015-08-19 10:00
●NyuzenNさん
こんにちは。
山はいいですねぇ~!
毎日の仕事のストレスを一時だけでも忘れさせてくれます。
山に登れないことが逆にストレスになることもありますが(笑)
腰と膝の故障ですか。それはお辛いですね。
健康あってこその登山ですから、どうぞ無理をなさらずに登山を続けてください。
9月の連休は山でいい時間が過ごせることを祈っております。
名前
URL
削除用パスワード
<< アカハラ 2015.8.12 ウトナイ湖の花 2015.8.7 >>