ウトナイ湖を渡るエゾシカ

a0145819_1159294.jpg




ウトナイ湖を渡るエゾシカの親子を見た。


そういう光景を見るのは2度目のことである。
昨年12月に初めて見た時 にはビックリした。


しかしその行動には「移動」という以外に特に意味はないことがわかった。
ウトナイ湖は水深が浅い(最大60cm)ので、水の中を歩くのが特に苦ではないのだろう。











最初は右から左に向かって渡っていた。
a0145819_1213685.jpg





ふと立ち止まり
a0145819_1215671.jpg






反対方向に移動。
a0145819_1225549.jpg






その後急に走り出す。
a0145819_1233331.jpg






a0145819_1235399.jpg






浅瀬まで来て一休み
a0145819_1241780.jpg






その後奥に消えて行った。
a0145819_124427.jpg




なぜ途中で方向転換したのかは不明である。










近くの水辺にはイソシギがいた。
a0145819_1254550.jpg











例の尻尾の毛の薄いシマリーも元気そうだった。
a0145819_1261710.jpg






***
by yah-_-yah | 2015-08-28 12:30 | 生き物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/21590190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyuujitunituki at 2015-08-28 17:05
yahさん、こんにちは。
シマリスさん、尻尾以外の毛並は良いようなので、尻尾はこの子の個性でしょう。
温かく、見守ってやって下さい。

鹿は時折海を泳いで渡ると聞いたことがありますよ。
意外に平泳ぎで泳いでいたりして(笑

そちらも、すっかり秋めいてきたのではないでしょうか?
こちらも、朝夕は窓を開けていると肌寒く感じるようになってきました。
コウロギも鳴き始めています。
そちらでは、あと半月もすると山では紅葉の便りが届くのでしょうね。
一番好きな季節となります。
Commented by yah-_-yah at 2015-08-28 17:20
●kyuujitunitukiさん
この個性の尻尾のシマリス、なんか愛着あって可愛いですよ。
冬になると冬眠するので秋までは時々出てきてくれるといいのですが。

鹿は海も渡るんですか?それは驚きですね!
ウトナイ湖は浅いので泳ぐと言うより歩く感じなのですが。

こっちは秋の気配ですよ。
朝はスズムシみたいのが鳴いてます。
山の上は霜とか氷があるかもしれません。
Commented by セッチです! at 2015-08-28 21:43 x
yah さん、こんちは!

いつだったかの以前、エゾ鹿がウトナイ湖を歩いてた記事、記憶にあるです。
そうですか、60セッチしかないんですか、ウトナイ湖。
広いから、もっとあるのかと思ってましたんですけど、やっぱり、湿原なんですね。

以前も見せて頂いた尾っぽの薄いシマリー、なにがワイと共感せずにはおられませんですよ。

ええ~っと、どの記事だか、酔っパな今のワイじゃ解りませんのですが、
あっ!shizu さんと行かれたお山にあった、白くて長い尾っぽみたいなお花、サラシナショウマかと
思いますです。

いつも、ツッコんで、ごめんなさいまし。
名前の入ってないお花が気になるんですよね~
yah さんなら許してくれそうだし、しゃしゃり出てきちゃうです。

ではまた!@セッチでした。
Commented by yah-_-yah at 2015-08-29 06:22
●セッチさん
こんにちは!

ウトナイ湖は60セッチですよ!人間でも渡れます!
でも人間が入ってるのを見たことはないので、きっと禁止されてるんだと思います(笑)

尻尾の薄いシマリーは僕も共感を得るものがあるので、温かく見守り続けたいと思います。

花の名前、ありがとうございます!
調べてもなかなか分からないのも多いので、教えていただけると助かります!
今後もよろしくお願いしますm(_ _)m
名前
URL
削除用パスワード
<< ハクセキレイとコチドリの幼鳥 オオルリとキビタキの幼鳥@TB... >>