ルリビタキ、、、か?

a0145819_18423793.jpg




今朝のウトナイ湖。


初めての鳥を見た。












いつもの朝のウトナイ散策。


今週は天気が悪かったので、水曜にして今週初の散策だった。




木道を歩いて間もなく、初めて聞く鳥の鳴き声。
地鳴きで、「くっ、くっ、、、」 ←文字では現しにくい感じ



聞いたことのない鳴き声を耳にすると、ちょっと興奮が高まる。
何とか姿を見つけて、出来ればカメラに収めたい。


とはいえ、声は聞こえても姿は見れず、なんてことは珍しいことではない。







運よく、その声の主が視界の範囲に止まってくれた。

a0145819_18482627.jpg






初めて見るだけあって、鳥の名前が分からない。

a0145819_18491258.jpg






家に帰って図鑑で調べてみたが、ルリビタキではなかろうか?
青くはないが、メスはこんな感じのようだ。

a0145819_1850665.jpg




モロに枝被りしてるが、撮れただけマシだった。
写真が撮れないと、あとで調べようもない。



明日以降、もっと綺麗に撮れるといいな。
というか、またいるだろうか?



***
by yah-_-yah | 2015-11-11 19:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/21825878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyuujitunituki at 2015-11-11 19:12
yahさん、こんばんは。
間違いないようですね。
メスはこの目で見たことが無いので絶対は言えませんが
おそらくルリビタキですね。
北海道では、珍しいのかもしれませんね。
貴重な鳥撮ですね。
Commented at 2015-11-11 19:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yah-_-yah at 2015-11-11 19:54
●kyuujitunitukiさん
こんばんはー。
どうもメスだけでなく、オスの若鳥もこんな感じの色合いになるようです。
メスと若鳥の区別は難しいみたいです。
なのでどちらかは僕には分かりません(笑)
Commented by hiro3523000 at 2015-11-11 21:19
こんばんは。
ウトナイ湖では色々な鳥さんが見られますねぇ~
行こう行こうと思ってはいるものの、
室蘭からだと ちょっと遠いかな(^_^;)
撮影された鳥さんはルリビタキの女の子ですね。
Commented by yah-_-yah at 2015-11-11 21:31
●hiroさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
やはりルリビタキの♀なのですね。
確かに室蘭からだと遠いですね。気軽に行ける距離ではないです。
僕も同じようになかなか室蘭に行くことがないです(;^_^A
ウトナイ湖では昨年12/8に見たコウノトリが、今年もまた来てくれはしまいかと
その日が近づくにつれ期待を膨らませています。
Commented by なまけ者鳥見人 at 2015-11-12 07:17 x
正解はもう出ていますね(^_^)
最近、yahさんもよくご存じの千歳市内の公園でも見られているようですが、秋のウトナイ湖周辺は渡りの途中のものが通過するので、案外、珍しいものが現れますよ(^_^)
Commented by yah-_-yah at 2015-11-12 08:27
●鳥見人さん
昨日は渡りの途中で立ち寄っただけだったのか、今朝はいませんでした。
その日限りってこともあるので毎日チェックしないとダメですね。
と言っても20分程度の観察なのであまりよくは見れてないですが、、、
Commented by it-kozou at 2015-11-13 23:29
ルリビタキのメスだと思います。
北海道では珍しいんですね。
次はオスに出会えたら良いですね!
六甲山ではアジサイが植わっている湿っぽいところで見かけることが多いですよ!
Commented by yah-_-yah at 2015-11-14 06:11
●it-kozouさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
やはりルリビタキ♀なのですね。
まだまだ鳥見初心者なので、ちょっと珍しい鳥に会うと名前が分かりません(>人<;)
そうですね、今度は綺麗な青色のオスに会いたいところです。
ちょっとまた探しに行ってきます!
名前
URL
削除用パスワード
<< お久しぶりにシマエナガ キクイタダキの水浴び >>