黄色と黒 キビタキ

a0145819_2113512.jpg



黄色と黒の配色がとても美しく、ほれぼれするような姿の、、、


と、大橋弘一さん も昨日の道新朝刊でおっしゃっておりました、キビタキです。











黄色と黒のカラーリングがとてもカッコよい、キビタキ。
a0145819_2055491.jpg











a0145819_20575461.jpg











そしてご存知の通り、さえずりも美しい。
よく響くいい声してます。
それに鳴き方のバリエーションも豊富。
a0145819_20593912.jpg











可愛いやつだ。
a0145819_211325.jpg




これからしばらくはちょいちょい会えそうな気がする (*^.^*)



***
by yah-_-yah | 2016-05-13 06:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/22803562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Komugi-40 at 2016-05-13 06:30
おはようございます。
朝からきゃわいい(๑˃̵ᴗ˂̵)و ̑̑

私の身近にはムクドリの大群がいるくらいだと思ってました(笑)
これから少し気にかけてみてみようと思います♪

昨日はうぐいすの鳴き声を聞きました♬
Commented by yah-_-yah at 2016-05-13 07:08
●小麦さん
おはようございます。
キビタキは鮮やかな色合いで可愛い鳥です。
鳴き声も美しいのです。

ウグイスは「声はすれども姿は見えず」の代表的な鳥で、
鳴き声はよく聞こえるのになかなか姿を見せてはくれません(>人<;)
Commented by chocottie at 2016-05-13 07:50
おはようございます。キビタキ、胸のオレンジが鮮やかで可愛らしいですね。ロビンみたい。囀りも清々しいし。ウトナイ湖周辺は野鳥が多いのですよね?朝はすごい鳥の声で目覚めたり出来るのでしょうか。オーストラリアに住んでた頃朝は賑やか過ぎる野鳥の声で目を覚ますことができました。今は一般的な鳥しかいないようなところに住んでいて自然の恩恵が少なくて残念です。こうして可愛い鳥やカッコイイ鳥、猛禽類(大好き)の鮮やかで躍動的な写真を見せてもらえると、空気や色温度まで伝わってきて楽しいです。
Commented by yah-_-yah at 2016-05-13 08:26
●ちょこってぃさん
おはようございます。
こういう鳥を見るたびに、鳥ってどうしてこんな綺麗な配色してたりするんだろう?って思っちゃいます。
それは囀りに対しても言えますが。
たくさんいる鳥はそれぞれ鳴き声が違って、どうしてそんな色んな鳴き方があるんだろう?って思っちゃいますよ。
ウトナイ湖は一応野鳥の名所のひとつです。が、うちの辺りは普通の住宅地なのでたいした鳥はいないです。
猛禽類は会える頻度が少ないので探しに行かないとなかなか難しいですね。
僕もまだ鳥の居場所をよく知らないので・・・(;^_^A
Commented by なまけ者鳥見人 at 2016-05-13 18:22 x
黄色と黒だけじゃなく、喉のオレンジも含めて、一番美しい野鳥だと思ってます(^_^)
でも、私だけか、なかなか明るいところで撮ることが出来ず、いまだに気に入った写真を撮ったことがないです(^_^;)
Commented by yah-_-yah at 2016-05-13 19:56
●鳥見人さん
やはりですか!
ヒタキ類ではオオルリばかりが貴重がられてる気がしますが、キビタキだって全然負けてないですよね。
さえずりだって日本三鳴鳥のオオルリよりキビタキの方が僕は好きです。
キビタキ、いいですよね~^^
Commented by regacyken at 2016-05-13 20:39
yahさん こんばんは

自分もキビタキはオオルリと同じくらい好きです。
黒と黄色のコントラストがいいですよね、目がなかなか映りにくく
自分的な課題です
Commented by yah-_-yah at 2016-05-13 20:52
●regacykenさん
こんばんは!
やっぱキビタキの人気は高いですね!
レア度は低いのかもしれませんけど、そんなことは関係ないです!
いいものはいい!
晴れた日はちょっと影になると目が潰れちゃいますよね。
やはり明るい曇りの日が、一番色が綺麗に出せるかと!
名前
URL
削除用パスワード
<< 愛くるしい瞳 コサメビタキ イカル (キョロちゃん?) >>