アポイ岳 2016.5.22

a0145819_12545518.jpg


花の写真が撮りたくなった。
花に飢えてると言ってもいいかもしれない。


今時期の花と言えば、やっぱアポイ岳か。


アポイに、行くか。



=============================================


アポイはいい山だが、チョット遠い。
近けりゃもっとたくさん登ってると思う。


クルマのメーターで測ったところ、自宅から片道156.7kmあった。
それでも現在は日高道が日高門別まで延びたから、昔よりはよくなった。
これが浦河辺りまで延びるとググ~ッと楽になるのだが。


行きは早朝だし、ノンストップだったから2時間15分で着いた。
帰りはコンビニに寄って、それでも2時間45分で着いた。


ちょうどこの日は様似町で「ウニまつり」ってのをやっていて、帰りは渋滞か?
と心配したが、全然そんなのなかった。よかった。



=============================================


この日の朝ごはんはコーヒーとお菓子だけ。
持った食料は自分で作ったトーストサンド2つと少しのお菓子。
飲み物は500mlのペットボトル3本。


登山だからと朝からたくさん食べ、途中でも色々食ってると、むしろ体重を増やして帰ってくることになる。
( 特に冬は汗をあまりかかないからその傾向が強い )


最近体重増加が止まらないので、この日は食料少な目で行くことにした。
多少空腹くらいの状態で行動しないと、脂肪は燃焼しない。


といってもガツガツ歩くわけではない。
写真撮る時間が長いから、スピードは遅いのだ。
でも休憩はあまり取らずに、とにかく行動時間を長くする。


=============================================


この時期のアポイの人気は高い。
秋・冬がガラガラなのとは対照的だ。
結構広い駐車場もすぐ満車になる。
a0145819_1535229.jpg

あ。

ここは駐車場を含めて、一切砂利道を走らなくていいのが自分的にはポイント高い!















ようこそアポイ岳へ!

この看板を見るのも 昨年の12.20以来、半年ぶりだ。
a0145819_1561872.jpg







今日の主たる目的は花の撮影だ。


D750には銘レンズの 60mmマクロ を付けてある。
最近マクロと言えば タムロンの90mm(F004) を持ち出すことが多かったが、90mmは背景がボケすぎる。
そういう写真を撮りたいときにはいいけど、花の咲いてる環境もチョイ合わせて見せたいなと思うと、60mmくらいがいいね。
それに60mmの方が少しだけコンパクト。
タムロンは写りはいいがAFの精度がイマイチ信頼おけない場合があるからなぁ。


一応風景撮り用に標準ズーム(あ、こっちもタムロンだった。A09 )も持った。
結果的にそれは使わなかった。
60mmくらいだと景色にも結構使える焦点距離で、交換が面倒だから1本で済ませてしまった。



もちろん、いつ何時珍しい鳥が現れるとも限らないから、ザックの中にはサンヨンを付けたD500が入ってる。











登山口から間もない所から5合目までの樹林帯の間、至る所にエゾオオサクラソウが咲いていた。
こんだけ咲いてるとちょっと食傷気味・・・(;^_^A
a0145819_15395963.jpg






ツボスミレ?
a0145819_15584451.jpg






これはケタチツボスミレかな。
この写真じゃよくわからないけど、茎に毛が生えていた。
a0145819_1559396.jpg





センボンヤリ
a0145819_162820.jpg






ヒメイチゲ
この花は咲き始めるのが早いから終わるのも早い。
5合目までの間には、ほとんど残ってなかった。
a0145819_163014.jpg






途中、チョロチョロっと出てきたニホントカゲ。
一生懸命歩いてる姿が可愛かった。
a0145819_1634633.jpg






5合目。
さあ、こっからは陽が当たって暑いぞ。
a0145819_165216.jpg

ここで一休みしてトーストサンドひとつ食べた。







5合目にあるヤマザクラ。
a0145819_1654421.jpg






馬の背~山頂。
a0145819_166135.jpg






キジムシロ
a0145819_1665685.jpg






エゾツツジ
a0145819_1672858.jpg






アポイタチツボスミレ
この花は主に5合目から上で咲いていた。
a0145819_1682742.jpg






フデリンドウ
この花は1合目から山頂までの間でちょいちょい咲いていた。
a0145819_1693824.jpg






アポイアズマギク
たくさん咲いていて、ちょうど見ごろだった。
a0145819_16102641.jpg






薄紫色のアポイアズマギク
この色は少なかった。
a0145819_16105529.jpg






様似漁港を見下ろす。
a0145819_1611293.jpg






海の上にはまだけっこうガスが残っている。
a0145819_1612263.jpg






可愛いサマニユキワリ
a0145819_1612342.jpg






元気のないミヤマオダマキ。
これ1輪だけしか見つけられなかった。
a0145819_16131786.jpg






そして!チングルマ登場!
アポイでは5月にチングルマが咲くんだ!!
a0145819_16141265.jpg


珍しくはない花だけど、好きな人は多いと思う。
可愛らしくて目立つ花だ。
でも考えてみると、標高の割と高い山でしか見たことがない。
低山ではアポイとオロフレ山くらいでしか見たことない。他にもどっかあるのかな?
きっと北海道で一番早くチングルマが咲くのはアポイなんだろう。

a0145819_16163285.jpg




嬉しいからドアップで!(*^.^*)
a0145819_16171134.jpg






山頂に向けて最後の登り。たくさん人がいるよ・・・((((;゚Д゚))))
a0145819_16203061.jpg






ヒダカイワザクラは7合目から上くらいで多かった。
a0145819_16223225.jpg






アポイアズマギク
a0145819_1623719.jpg






日高の山並み。
a0145819_16235940.jpg






山座同定は苦手だけど、特徴的な形の山は分かる。
これは1839峰だろう。
a0145819_1625169.jpg






そしてこれが日高の盟主、幌尻岳。
a0145819_16254337.jpg





ここまで来て初めて目にしたエゾキスミレ。
ロープの向こう側のちょっと遠い所で咲いていたので望遠で撮った。
a0145819_16264524.jpg






でも、も少し登ったら登山道脇にいっぱいあったよ。
a0145819_16273990.jpg






サマニユキワリのちょっと色が薄いの。
a0145819_16282191.jpg






ヒダカイワザクラ
a0145819_16284469.jpg






海の上の雲海。
a0145819_16293620.jpg






山頂直前にセンボンヤリが何株か咲いていた。
「山頂だァ~ッ!」、って駆け登ると見落とすよ!
a0145819_16303453.jpg






思った通り山頂は人でごった返しており、座る場所を見つけるにも一苦労だった。
トーストサンドひとつだけ食べた。





山頂にいたキアゲハ。
a0145819_16332586.jpg






山頂に咲いていたヤマザクラ。
a0145819_163359100.jpg











下りは幌満コースから降ります。
こっちにしか咲いてない花もあるからね。










山頂からちょっと降りた場所でヒガラがいた。
a0145819_16352183.jpg

鳥の鳴き声はいっぱいしてたけど、撮れる場所にいてくれたのはこいつだけだった。










キジムシロ
a0145819_16363490.jpg






幌満コースから見る景色。
ちょうど直角カーブの所で休憩してる人が見える。
a0145819_16373033.jpg






アポイキンバイ
a0145819_1638666.jpg






アポイキンバイは数が少なくて、この辺りに少し咲いてるだけだった。
a0145819_16384622.jpg






幌満コースにも樹林帯があるんだけど、そこに残っていたフイリミヤマスミレ。
5合目から下の樹林帯にはいっぱいある花なんだけど、下の方では既に完全に終わっていた。
a0145819_16401939.jpg






フイリミヤマスミレ
a0145819_16405823.jpg






ここら辺りにはヒメイチゲもちょいちょい残っていた。
a0145819_1658792.jpg






マイナーな幌満コースを抜け、メインの登山道に合流。
a0145819_16583814.jpg











しばらく歩いてると、前方からサングラスのイケメン男子率いる団体さんが登ってきた。
随分遅くに登ってくるんだなぁ、、、なんて思っていたら、そのイケメンさんが

「黒岳石室に泊まられたことありますよね?」 と。

なんと石室管理人でもある清水さんだった。
清水さんとは 昨年9.6に北鎮岳 でお会いして以来だ。

まさかアポイでお会いするとは!
a0145819_1715238.jpg












この暑さの中、アポイハハコの葉がちょっと涼し気。
花はもう少し先だね。
a0145819_1732744.jpg






海の上の雲海はまだ残ってる。
a0145819_17433.jpg






雲に浮かぶ島。
a0145819_1742985.jpg






やっと5合目過ぎた。木陰が嬉しい。
a0145819_1752723.jpg






アポイアズマギク
a0145819_1755343.jpg






キジムシロ
a0145819_176171.jpg






桜の花びらたち
a0145819_1764239.jpg











クルマ無事。
a0145819_177103.jpg




今回もまた ヒメチャマダラセセリ には会えなかった。


ヒメチャマダラセセリ とは日本ではアポイ岳周辺でしか見られない、天然記念物の蝶だ。
5月前後の短い期間の、しかも晴れた日にしか見られないという。
5月下旬じゃもう時期的に遅かったのかもしれない。


2014.5.4に登った時 に、初めてこの蝶を見た。
昨年の5.3 に登った時にも見ることは出来なかった。








そして今回はもうひとつ目標があった。






こめっとさん がこのちょうど2日前にアポイ岳に登っていた。


こめっとさんと言えば、花名人(鳥も)。
同じ山に登っても、見つける花の種類は僕とは段違いに多い。


今回はいつも以上に気を配り、少しでもこめっとさんに近づけるよう頑張ったつもりだ。


しかしね、やはりこめっとさんはちゃんと撮ってるんですよ。
僕が見落とした花をいくつも・・・(>人<;)


まだまだ、僕は修業が足りません・・・(>人<;)



そんなこめっとさんの花紀行も是非ご覧になってください!
↓  ↓  ↓
2016年5月 花の名山 アポイ岳花紀行






【参考タイム】

8:00駐車場-11:20~11:30山頂-14:18駐車場
18,714歩
水分消費量約1300ml。






***
by yah-_-yah | 2016-05-25 06:00 | 登山(日高) | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/22836481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyuujitunituki at 2016-05-25 11:24
yahさん、こんにちは。
いろいろな、花たちが咲き出しましたね。
スミレの名前は多すぎでわからないことが多いので
・・・スミレで逃げています(笑い
こちらで咲く花たちの時期と比べると1ヶ月半位違うようです。
しばらく山行ができませんので楽しく拝見させていただきました。
Commented by yah-_-yah at 2016-05-25 12:09
●kyuujitunitukiさん
やっと北海道の山も花の季節です。
スミレは微妙な違いで種類が多すぎますよね。
この山に咲く花が分かっているのである程度判別できますけど、
何の情報もなく咲いてる花だけ見ての判別は難しいです。
高い山にはまだ残雪が多いし、微妙な時期です。
Commented at 2016-05-25 19:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yah-_-yah at 2016-05-25 19:14
●鍵コメさん
コメントありがとうございます。
言われてみると確かにそうかもしれません!
花弁のすじがもっと濃いイメージがあったんですが、
ネットで検索してみると薄いのもあるみたいですね。

ヒダカイワザクラとエゾキスミレは元気いっぱいな感じだったんで、
今週末に終わってるなんてことはないと思います!
フイリミヤマスミレやヒメイチゲはかなり終わってるかもしれませんが。
(というか5合目以下では既に終わってました)
Commented by 清水 at 2016-05-25 19:40 x
よく会いますね!
いつもお名前が出てこないでたいへん失礼しております。。本当に申し訳ありません。
今度からモノマネのあの人とおなじ名前とインプットしておきます!
Commented by こめっとのおっさん at 2016-05-25 19:55 x
早速拝見しました。レポートで謙遜されていますが、しっかりとポイントの花々を
撮影されていますね~さすがです。幌満お花畑もやっと色づき始めたようですね。

アポイ岳は四季折々に花々が楽しめる山ですので、ちょっと遠いですが大きな山行
の合間にまたお立ち寄りください。きっと新たな発見もあると思いますよ。
Commented by yah-_-yah at 2016-05-25 19:59
●清水さん
ご訪問とコメントありがとうございます!
大雪でお会いした時は「うん、納得。」って感じでしたけど、アポイで会うのは「意外!」って感じでした(笑)
まあ考えてみればガイドですから、どんな山にも登ってるワケなんでしょうけど。
職業がら、山で多くの人と出会うでしょうから、みんなの名前を覚えるなんて無理ですよ~!
顔見て「以前にお会いしましたよね?」だけでも、充分嬉しいです!
Commented by yah-_-yah at 2016-05-25 20:02
●こめっとさん
いやいや、謙遜などではなく、ホントまだまだですよ・・・(;^_^A
アポイは春先に行くことは多いですけど、夏には1回しか登ったことがないです。
(どうしても夏は暑いから高い山に行くことが多いです)
でもアポイマンテマをまた見たいから、夏にも行きたいですね!
Commented by 京極低山ハイカー at 2016-05-25 22:46 x
昨年北鎮岳頂上で声をおかけしました京極町のおじさんです。
私も当日アポイ岳でした。
当日馬の背の上部の岩場で声掛けいたしましたが、似ているなとは思ったのですが、確信が持てませんでした。
いつも一緒の方がいなかったので。
下山して一番手前の駐車スペースにワーゲンがあったのでわかりました。
この時期いろいろなサクラソウがみられるので最近毎年通っています。
秋も違う花々がみられるのでいいですよね。
Commented by yah-_-yah at 2016-05-26 08:20
●京極低山ハイカーさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
昨年の北鎮頂上でお会いした方!覚えております。
こちらも気づかず申し訳ありません。
僕も5月のアポイはここのところ定番となっております。
やっぱ見れる花の種類が多くて楽しい山ですよね。
さすが花の名山です。
Commented by サロン at 2016-05-27 23:49 x
初めまして!コメントありがとうございます!
同じ日にアポイ岳登っていたとは!!
本当に海の雲海が美しく見えてラッキーでしたよね。

yahさんのブログを拝見してこんなに美しいお花が沢山あったなんて!
私はかなり見逃していました。。
もっとお花に目を向けなければいけませんね。

それにしてもyahさんの写真がとっても素敵でお花なんて素晴らしいです!
私もいつかマクロレンズ欲しいです。

ブログブックマークさせてください。
今後ともよろしくお願いします🌟
Commented by yah-_-yah at 2016-05-28 05:35
●サロンさん
ご訪問とコメントありがとうございます^^
今時期のアポイは人気が高いんで、登山者も多かったですねぇ。
まあ、花がいいので人気なのも頷けます。

山に登るのは花や景色の写真を撮ることが大きな目的なので、
花は出来るだけ見落とさないように頑張ってます!
それでもまだまだ、世の達人たちに比べれば全然甘いのですが、、、(;^_^A

マクロレンズ、イイですよ!
マクロというと、とかく「メチャドアップで撮るレンズ」みたいなイメージがありますが、
解像力が高くてボケが美しいのも特徴です。
別に寄らなくとも綺麗な写真が撮れます。
色々使えるレンズですので、是非1本手に入れてください!

こちらこそ、よろしくお願いしますね。
名前
URL
削除用パスワード
<< ゴジュウカラ 求愛給餌 仲良く?水浴び メジロ&センダ... >>