君の名は。 ~ 淡く儚い恋の思い出

a0145819_15255314.jpg


ちょこんとそこに座ったまま僕を見つめるシマリスの姿に、
遥か遠い昔の、淡く儚い恋の思い出がフラッシュバックした。








毎朝の日課、ウトナイ湖散策。
それほど時間がないからコースは短いし、いつも同じ。





木の上の鳥を探しながら、足元のシマリーにも注意する。
上にばかり気を取られててシマリーに気づかず、先に逃げられることもしばしばだ。
最近はシマリーとの遭遇率がかなり高いので、かなり足元にも気を配っている。







あ~、今日はシマリーに会えなかったなぁ・・・。







ちょっと寂しい気持ちでいつものコースを1周して戻ってきた。

とそこで気づいた、前方からの熱い視線。





シ、シマリー・・・!





a0145819_15323642.jpg






木道の端にちょこんと座って、こっちをじっと見ている。






視線を合わせてしばらくそのまま。







俺を・・・俺を待っていてくれたのか・・・?








a0145819_15341926.jpg






まさか本当に俺を・・・

いやいや、そんなはずはない。

いやでも、ずっとこっちを見ているぞ!





a0145819_15351541.jpg





あぁ、そういえば・・・。



こんなドキドキ感、大昔も似たようなことがあったっけ。








あれは高校生の頃だ。






部活を終えて夕焼けの校門を出たところ、佇んでこちらを見ていた少女。





まさか、俺のことを待っていたのか?

いやいや、そんなはずない!

一緒にいた友人が目当てなんだろ。










しかし少女は一直線に自分の方へ歩み寄り、そして渡された手紙。















それから僕の高校生活は変わった。



砂漠のような男子校生活の僕に、神様が清涼飲料水を与えてくれたのだ!















はっ!Σ( ̄▽ ̄|||)!!





シマリー、まだこっちを見ている!





a0145819_15412468.jpg







あぁ、なんて愛らしいのだ・・・





a0145819_1542219.jpg










そう。

『卒業』 が二人を引き裂いた。

僕らは離れ離れになってしまったのだ。











a0145819_15424494.jpg










当然だが携帯電話などない時代。

古い人間なら分かるだろうが、昔は連絡を取るのも一苦労だった。

家電だけで連絡を取り合うのは、そんなに自由ではなかった。

お互いバイトやら遊びで忙しい年頃。

帰宅が遅くなることもしばしば。

自然と連絡は疎になる。











a0145819_1543311.jpg











そしてある日ついに、終わりがやってきた。

自分も彼女もその時の生活が楽しくて、お互いの必要性をあまり感じなくなっていたのかもしれない。

その後も彼女のことは気になることはあったが、遠くの人間に気楽に連絡を取れる時代ではなかった。

そんな時間がしばらく過ぎると、とうとうお互いの居場所すら分からなくなってしまった。











a0145819_15432167.jpg











そして、シマリーは動き出した。










a0145819_15441728.jpg











あの日の彼女のように、振り返ることはなかった。










a0145819_15451457.jpg











ちょ、ちょっと待って!


どこに行くんだい?









a0145819_1545455.jpg











僕の問いには答えず、彼女は駆け去った。










a0145819_1546781.jpg






まだ、君のことを覚えてる!



まだ、俺は覚えてる!










君が世界のどこにいようと、必ずまた会いに行くから!



















思い出話はすべてフィクションです。





***
by yah-_-yah | 2016-10-01 00:01 | シマリス | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/23252728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukki6727 at 2016-10-01 07:13
面白い♪
リアルかと思ったらフィクションでしたか😜
それと、しずちゃんどうおもうんだろうとハラハラしました
すっかり騙されたけど、面白いので次回作キボンヌです😀
Commented by yah-_-yah at 2016-10-01 07:35
●yukkiさん
ありがとうございます~!
しずの手前、フィクションってことにしときましたよ(笑

yukkiさん、最近色んな技を使いますね!(*_*)
コメントに絵文字を入れたりとか、ブログの記事の途中に囲いを入れてリンク張ったりとか、、、
新管理画面だと出来る技なんでしょうか?
今でも使い慣れた旧画面でばかり記事を書いてるので、そろそろ新しいのに以降しないとダメかなぁ。。。
「旧画面はサポートを打ち切りました」と書いてあるし、、、(>人<;)
Commented by kyuujitunituki at 2016-10-01 10:10
yahさん、おはようございます。

分かりますよ~

男の方が尾を引くようです。

誰にでもある、淡い思い出。

そっと、小さなポケットに仕舞っておきましょう!(^^)!
Commented by rabbit at 2016-10-01 10:25 x
yahさん、
今日のシマリー、超かわいい~~!
正面を向いたシマリー、こんなかわいい写真見たことないと思うほどです。❤
恋の思い出ストーリーもおもしろかったです!! yahさんってロマンティストなんだなぁと
思いながら読ませていただきました。(人´∀`).☆.。.:*・
Commented by yah-_-yah at 2016-10-01 19:27
●kyuujitunitukiさん
こんにちは!
男は別名保存、女は上書き保存ですからねぇ~^^
男は思い出はいつまでも心の中にしまっておくものです。
Commented by yah-_-yah at 2016-10-01 19:29
●rabbitさん
この超可愛い姿でじっと見つめられたらヤラレちゃいますよ~(;´Д`)ハアハア
僕も動きが固まりましたからね。ドキドキしてしまいました。
基本的に男はロマンチストですからね!(∂_∠)―☆
名前
URL
削除用パスワード
<< 【大雪紅葉】 高原温泉沼めぐり... ウミウ >>