カササギ飛ぶ。

a0145819_61168.jpg


カササギが飛ぶ姿をAF-Cで追ってみた。













a0145819_625549.jpg






a0145819_63820.jpg






a0145819_632753.jpg






a0145819_61168.jpg






a0145819_641360.jpg






a0145819_643070.jpg






a0145819_644620.jpg






a0145819_65079.jpg






a0145819_651556.jpg






a0145819_652525.jpg






a0145819_654085.jpg



普段はAF-Sの中央1点で撮ってるんだけど、飛んでる鳥に関してはAF-Cのグループエリアで撮ることが多い。


この切り替えにはやっぱ少しの時間がかかるから、飛んでる鳥を見つけてから切り替えると
その間に距離が遠くなってチャンスを逃してしまうことが多い。


AF-S → AF-C の切り替えだけならまだしも、それに加えてAFエリアモードを
シングルポイントAF → グループエリアAF に変更するのがちょい時間かかるんだよなぁ。


スピード優先でAFモードだけの変更にしておくか。
でも動く被写体に対して中央1点だけだと、外しちゃうんだよなぁ。。。


他の方はこの辺りはどうしてるのかな?



***
by yah-_-yah | 2017-02-18 08:00 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/23658246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame3z at 2017-02-19 23:36
私の場合、トビモノもシングルで撮ることが多いです。
AFのポイントまでがカメラ任せになってしまうと、
満足感が低くなります。
外れが多くなっても、やはりシングルかなぁ
Commented by yah-_-yah at 2017-02-20 05:59
●フォトンさん
コメントありがとうございます。
フォトンさんはシングルですか!
シングルの方がハマれば精度高そうな気がします。
しかし小さい被写体を1点で追うのは難しいです(>人<;)
名前
URL
削除用パスワード
<< 冬の屋外撮影時の装備 シマエナガ、エサを落とす! >>