【怖い!】風不死岳 北尾根 2017.9.10

a0145819_12246100.jpg


先々週の恵庭岳 に続いてトレーニング登山。

登りきるまで急登!の風不死岳北尾根に行ってきた。







先々週の恵庭岳 では20kg担いだが、今回はさらに増量して25kg。


そのデカザックを担いで、距離は短いが急登が続く風不死岳の北尾根に登ってきた。










風不死岳自体は去年も一昨年も登っている。


しかし楓沢からだったり、樽前山七合目からだったりで、北尾根を登るのは3年ぶりだった。










朝までザーザーの雨だったから、ちょっと遅いスタート。
クルマは登山口までは入れずに、国道沿いの駐車スペースに停めた。
a0145819_1042371.jpg






しずも(軽めの)泊装備。
a0145819_1131877.jpg






自分は25kg。

この重さになると、背中に担ぎ上げる動作で一苦労。
疲れてくると、その動作だけで二の腕が攣りそうになる。
a0145819_1143541.jpg

自分的には20kg以下だとまだいいんだけど、泊装備でそんなに軽くなることはない。
22~23kgならまあまあなんとか。25kgくらいでいっぱいいっぱい。
しかし水場が涸れていて(もしくはなくて)、水を全部担ぎ上げようとすると27kgになってしまう。
これは自分的には超キツい重さだ。











国道沿いにある登山口入り口の看板。以前よりは分かりやすくなっていた。
a0145819_1261157.jpg






登山口には思いのほかたくさんのクルマがいてビックリした。
北尾根、意外に人気なんだなぁ ( ̄▽ ̄)
a0145819_128670.jpg






というワケで、登山口を10:35にスタート!





歩き始めて間もなく、超巨木が登山道に横たわっていたーーー( ̄□ ̄;)
a0145819_12102655.jpg






デカザックだとこういうのを乗り越えるのも一苦労だ (;-_-)=3 フゥ
a0145819_12122512.jpg






前半はまったく眺望のない樹林帯が続くが、5合目くらいまでくると隙間から支笏湖が見えるようになる。
支笏ブルーに元気をもらう。
a0145819_12135683.jpg











やっと、7合目。しかし大変なのはこれからよ。(;-_-)=3 フゥ
a0145819_12145028.jpg











8合目を過ぎるとこのコースのクライマックス!
次々とロープ場が現れる。
a0145819_12154518.jpg






んで、最初のロープ場に取り掛かる。地面は濡れた泥で非常に滑りやすい。
a0145819_12164386.jpg


悲劇はこの直後に起きた!( ̄□ ̄;)!!


濡れた泥に足を滑らせバランスを崩す。
デカザックを背負っていては立て直せない。
前向きに転倒し、そのまま数メートル滑り落ちた。



幸い軽い擦り傷程度で済んだが、ドロドロ。




デカザックの恐怖をまた味わった。



重いから立て直せないし、落ちるのを止めることが出来ない。
もっと危険な斜面だったら、超ヤバいことになる。




この後は恐怖で超慎重に登った。




北尾根には『絶対落ちれない』場所が何ヶ所かある。
落ちたら「人生サヨナラ」な感じの場所。


普通に歩いてたら落ちることはないが、デカザックでバランスを崩し転倒し、
そのまま滑って崖から落ちることもあり得る。
そんな崖の近くにロープ場がある箇所あるのだ。









その後は写真を撮る余裕もなかった。


一気に山頂の写真へ。


a0145819_12222087.jpg






風不死岳の山頂はとても景色がいい。
支笏湖周辺の山はどこでも支笏湖を見下ろすことができるが、ここ風不死岳が一番近いのだ。
a0145819_12253637.jpg






そしてここから見る樽前山もカッコいい。
a0145819_16585324.jpg






もくもくの、気持ちよい雲。
a0145819_173024.jpg











ということでランチタイム。
風もほとんどなくて、快適な山頂だった。







遅ればせながらジェットボイル買いました ( ̄▽ ̄)
人気の『 ジェットボイル ミニモ 』。
a0145819_12282137.jpg






しずはパスタ茹でてたよ ( ̄▽ ̄)
a0145819_1229372.jpg











食べた後はまた景色を名残惜しむ。



樽前山
a0145819_16565177.jpg






恵庭岳
a0145819_12302650.jpg






羊蹄山&尻別岳
a0145819_12305091.jpg






徳舜瞥山&ホロホロ山
a0145819_12312285.jpg







快適な山頂だが、山というものは登ったら必ず降りなきゃならん。
登ったご褒美に降ろしてもらえるとか、絶対にないのだ。



しかも北尾根をデカザックで降りるのは、登る以上に恐怖なのだ・・・((((;゚Д゚))))



だからと言って降りないワケにはいかない (>人<;)



さようなら、美しい支笏湖よ!
今度はもっと身軽な装備で来るよ (ToT)/~~~






a0145819_12544854.jpg











こういう段差の大きい場所。
足の置き場所を探すのが苦労。
a0145819_12565195.jpg

掴む場所もしっかり確認しないと、不安定な枝とか折れたりする。
そんなことになったらデカザックもろとも真っ逆さまだ。

そんな恐怖に怯えながら、一歩一歩下るのだ。
精神的にも疲れる。







登る時に転倒した場所。恐怖。
a0145819_12573989.jpg











そんなワケで下山時も余裕がないまま到着。
無事に降りれてよかった・・・(;-_-)=3 フゥ
a0145819_12584382.jpg



前回の恵庭岳は「適度な疲れ」だったが、今回は「メチャ疲れ」だ。




今年の1月に発症した右ソケイヘルニア、ずっと様子見してるがよくはならない。
安静にしてると違和感は減るが、運動したり登山したりするとまた大きくなる。



今回のように重たいザックを担ぐと、それだけで全身に力が入る。
ということは腹圧がかかる。



その状態で登り降りするとさらに腹圧がかかる。
長時間その状態が続くから、当然のように違和感が大きくなる。


いずれは3回目の手術をしなければならないだろうが、
したからといってスッキリ治る保証はない。


たとえ手術したとしても、今の状態とさほど変わらず、
だましだましになってしまうのではないだろうか?


何度も繰り返してると、完全に治る気がしないのだ。。。





【 参考タイム 】

10:35登山口-13:20風不死岳着
14:30風不死岳発-16:45登山口
登り2時間45分 下り2時間15分。






風不死岳には10回以上登っています。
下のタグ「風不死岳」をクリックすると一覧が出てきますので、
興味のある方はご覧ください。




***
by yah-_-yah | 2017-09-12 06:00 | 登山(支笏湖周辺) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/237735484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by がち at 2017-09-13 12:15 x
お疲れ様でした!
僕も今年山で泊まってないです。
いざ行くとなると不安になりますよね。
どちらに行くのでしょうか。
やはり紅葉狩に大雪ですか!トレーニングするようなら、ロングなのでしょう。
体に相談しながら楽しんで下さい❗
僕は右肘ヒビがはいり、だましだまし遊んでます(笑)
Commented by yah-_-yah at 2017-09-13 16:45
●ガチさん
ご無沙汰してます!
右ひじにヒビですか!((((;゚Д゚))))
沢登りで落ちたんですか??

普通の人からみたらロングというほどではないのですが、短縮路から南沼泊の予定です。
しかしコロコロ変わる予報でまだどうなるか分かりません(>人<;)
右ソケイ部が痛くて、重い荷物も長いコースも辛いです(>人<;)
Commented by Komugi-40 at 2017-09-15 17:22
お疲れ様です。
そして無事、下山され良かったです。

まだまだ腰が痛いので山登りはしばらく出来そうにありません。
ましてやそんなデカザックなんて・・・
大ケガに繋がらなくて本当に良かったですね^^
Commented by yah-_-yah at 2017-09-15 19:49
●小麦さん
いよいよ明日が本番です。
若い人ならトレーニングしただけ力が付くんでしょうが
この歳になると逆に壊れたりするので、「トレするか、温存するか?」の見極めが大事かと思います。
この日のトレはもっと軽くしとけばよかったと後悔、、、(>人<;)
右鼠経ヘルニアが痛くて、今週安静にしていたのにやはり痛い、、、
不安いっぱいで本番を迎えてしまいます、、、

小麦さんも痛みがあるうちはムリしないでくださいね。
身体をいたわりながらやっていきましょう。
Commented by jusokita at 2017-09-23 06:08
お久しぶりです。
泊装備は20kgを越えるとは聞いておりましたが、
命を守るための重さが、時には命を落とす原因にもなるとは!( ゚Д゚)
無事に登頂、下山出来て良かったですね。
超運動不足の私は、過去に自転車+ゴルフをやって痛めた膝が年々弱って来てます。
今年は一度も乗ってない自転車は、事務所で服のハンガーになってますしw
Commented by yah-_-yah at 2017-09-23 20:13
●喜多さん
こんにちは。お久しぶりです。
泊装備は人によっては17~18kg程度で収まる人もいます。
自分にはどうやったらそんなに軽くなるのか不思議なのですが、、、
僕も年々あちこち痛い箇所が増えてます。
歳とると身体がモロくなるというか、すぐ故障してしまいます。
なので人目があっても見栄を張らず、ゆっくりです。
出来るだけ長く続けて行きたいので、壊れないよう無理はしないようにしたいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< エゾビタキ!? ・・・なわけな... Black Diamond M... >>