3年ぶりのトムラウシで紅葉と絶景を堪能する! 2017.9.16~17 ≪ 前編 ≫

a0145819_1942393.jpg


みんな大好きトムラウシ。



どうでもいいが日本百名山のひとつ。



どうでもいいがその百名山の中で唯一カタカナの名前。



そんな 『 みんな大好きトムラウシ 』 を3年ぶりに登って来た。










=============================================





前回トムラウシに登ったのは2014年。


グレートトラバースの田中陽希さんにお会いした あの日 だ。



ホントは毎年でも登りたい山なのだが、一昨年・昨年と登ることが出来なかった。



だから今年こそは!と思っていた。
どうせ行くなら泊まりで!このシルバーウィークに照準を合わせた!



せっかく3連休なんだし、2泊して2日目には化雲辺りまで散策しようかな~、と思ってたけど
ご存知の通り連休最終日は台風上陸で大荒れ。



なので1泊に短縮して行ってきた。






そして今回はなんと!





エキブロ仲間、『 あ~した天気になぁ~れ♪ 』のyukkiさん、masaさん夫妻とご一緒させてもらったのでした!






ということで今回は4人での山行なのだ!!(*^-゜)vィェィ♪




=============================================





今回は泊まりということで比較的遅めのスタートでいいでしょうってことで、
yukkiさんたちとは6時半に 東大雪荘 手前の駐車場で待ち合わせることにした。



そんなワケで、しずには3時半に迎えに来てもらった。
高速を降りた清水町のセブンイレブンで食糧を調達し、ほぼ時間通りに待ち合わせ場所に到着。




紅葉のいい時期だからか、短縮路登山口の駐車場はほぼ満杯だった。
ちなみに登山口のバイオトイレはまだ使えました。
( 前回10月に行った時には既に閉鎖されてた )


そうそう、東大雪荘から短縮路登山口までのひどい林道も以前より走りやすくなっていたよ。









そそくさと準備し、ほぼ予定通り7時半くらいには出発。
登山口に新しい看板が設置されていたよ。
a0145819_20183130.jpg

今回の装備重量は26kg。


1週間前にトレのために25kg担いで風不死岳北尾根に登った が、
その時に大きくなった右鼠径部の違和感は取れない。


今回も間違いなく、その違和感は大きくなるだろう。
たまにズキズキ痛むこともある。


不安の残るスタートだが、今回はなんとしても成功させるのだ!!


頑張るしかない!!


ここで男を魅せるのだ!!!


( ✧Д✧) カッ!!

誰も見てないし、、、( ̄▽ ̄)










スタート時はガス。上に行く頃には晴れてくれることを祈る。
a0145819_20312535.jpg











カムイ天上!
さあ!こっから泥濘本番!!
a0145819_20364158.jpg






悪名高きこの泥濘は健在だった!
毎年少しずつ木道が整備されているものの、まだまだドロドロ区間は長い。
こんなところで滑って転んだら悲劇やでー(T△T)
a0145819_2038183.jpg






日本百名山の中で、こんなにも汚い登山道が、他にあるんだろうか?
ロングスパッツは必須!
トレランシューズで登る人もチラホラいたが、靴の中までドロドロになっていたよ。
a0145819_20393581.jpg






たまにガスが抜けると紅葉がとても鮮やか!
a0145819_2041633.jpg







それにしても今年の紅葉はホントキレイやなぁ~~(T△T)
a0145819_204305.jpg






足元のドロドロとは対照的に、頭上は綺麗や~(T△T)
a0145819_20442576.jpg











やっとコマドリ沢分岐に到着 (;´Д`)
ここではお待ちかねのランチやー (;´Д`)
ここまで約4時間。その間何も食べてない。お腹が空いてて元気が出ない~
a0145819_20453869.jpg



30分ほど休憩したあと再出発。
4時間も歩いたのに、まだ半分。先は長いよ、、、(;´Д`)











コマドリ沢まで一旦100mほど標高を下げた後、今度はそっから前トム平まで300mほど上げる。
少しずつガスが晴れてきて綺麗な紅葉が見えるようになる。
a0145819_2050510.jpg






ミヤマキンバイ
沢には遅くまで雪渓が残っているから、こんな紅葉の時期に春の花が咲いていたりする。
a0145819_2051219.jpg






ひゃぁ~!綺麗だぁ~!
a0145819_20514443.jpg






masaさんも撮影に熱が入る。
a0145819_2052276.jpg










と、ここで!








驚きの若者とスライドする!( ̄□ ̄;)!!













なんと!自転車を担いで歩いていたのだ!!
もちろん、背中には泊装備のザックも担いでいる!
a0145819_2054741.jpg


聞けば天人峡から縦走して来たという。
普通の人間にとっては天人峡から短縮路の縦走だけでも、充分長い山行だ。
しかし彼らにとってはこのルートも「ツーリングの一部に過ぎない」と言う。
下山後、帯広まで行くと言うのだ。





いやはや、もうビックリ!
世の中にはすごいことを考える人がいたもんだ ((((;゚Д゚))))
しかし頼もしくもあるなーーー((((;゚Д゚))))
a0145819_20563576.jpg

いや~、いいもの見せてもらったよ ( ̄▽ ̄)










自分たちは背中のザックだけでもヒーコラ言ってるワケですが、、、( ̄▽ ̄)
a0145819_20584194.jpg






それでもこの美しい紅葉に元気をもらって頑張って歩いているのですよ、、、( ̄▽ ̄)
a0145819_210080.jpg











(;-_-)=3 フゥ
やっと前トム平まで登って来たよ。
a0145819_211415.jpg

ここら辺り、すごい獣臭がした。きっとハイマツのどっかにガオーが潜んでるんだな。
例によってしずは周囲をキョロキョロ、急に落ち着きなくなった。
相変わらず臆病者のへっぽこや ( ̄▽ ̄)
たとえ熊がいても襲われはせんから ( ̄▽ ̄)










さあ!

少し休んだらあの山頂目指してまた歩き出すんや!
( ✧Д✧) カッ!!
a0145819_211877.jpg












左から石狩連峰、ニペソツ山、ウペペサンケ山。東大雪の山々が一望できる。
a0145819_21223054.jpg






デカいケルンが印象的な岩々ゾーン。
a0145819_21232514.jpg






プチロックガーデン。
a0145819_2124291.jpg

ちなみにコマドリ沢分岐以降、山頂まで色んな所にガレ場があって、ナッキーの鳴き声が至る所で聞ける。
しかしのんびり撮影してる余裕はないんだよ~、今回は。
一応望遠レンズは持ってきてるけど、、、(/_-。)。。。










そしていよいよ!
ここがトムラウシ公園!天然の日本庭園。
a0145819_21265432.jpg






メッチャ綺麗なトムラウシ!
a0145819_19331126.jpg







トムラウシ公園にイワギキョウが咲いていた。
a0145819_21284326.jpg







トムラウシ公園通過中。
a0145819_5501352.jpg






さらば、トムラウシ公園!
また明日来るよ!
a0145819_21315130.jpg






ニペーーーーーッ!
いつ登れるようになる?
a0145819_21324883.jpg











トムラウシ公園から南沼キャンプ指定地までが地味に長い。いや、長く感じる。
もうとっくに疲れてるから、かなりヒーコラしている。










やたー!やっと南沼!\(^o^)/
途中でたくさん抜かれたから、かなりテン場は埋まっていたよ!
a0145819_21342788.jpg












yukkiさんちと隣同士でテント張ったよ!
世代こそ違うけど、同じプロモンテのテント。
a0145819_623293.jpg












到着も遅かったし、テント張るのも要領悪くて遅いしで、ダラダラしてたらすっかり夕方に。
トムラウシも夕陽に染まっていた。
a0145819_91810.jpg







うー、いかんいかん。

トムラウシ山頂で沈む夕日を見るつもりがすっかり遅くなった。
急いで登り始めたいところだが、まず携帯トイレブースに行って用を足して、、、とかしてたらまた遅くなった。





ようやっと登り始めたら、太陽はすっかりあんなに低く、、、(>人<;)
a0145819_94341.jpg






十勝連峰方面はガスに覆われていた。
a0145819_944473.jpg






雲の隙間から太陽。
a0145819_956938.jpg











んで、山頂到着~~\(^0^)/
しかし、太陽は沈んでしまっていた、、、llllll(-_-;)llllll
a0145819_957146.jpg











まあしかし、陽が沈んだ後の空もキレイですよ。
a0145819_959240.jpg







しかしこの後、急速にガスが山頂の方までやってきた。
暗い上にガスでは下山が危険なので、そそくさと下りることに。
山頂からのブルーモーメントはお預けである。



南沼-山頂間は登山道がそんなにハッキリしてるわけでもないので、
視界がない時には迷う可能性があると思う。















下山後はごはん。
しずが特製野菜炒めを作ってくれたのだが、食べるのに忙しくて写真はなし。






そうそう!
先日買った ブラックダイヤモンドのモジランタン が大活躍。
これ1個でテント内全部が明るくなって、すごくいい!
a0145819_10434516.jpg








その後しずが「甘いものが食べたい」と言うので、サッとチョコレートを出す俺。
a0145819_10473050.jpg

「こんなのまで持ってくるからますますザックが重くなんでしょ?」
「フッ、それでもきっとしずが食べたくなると思って持ってきたのサッ」

と、恩を売っておく。( ̄▽ ̄)
・・・なにも返ってはこないが・・・










テン場はすっかりガスに包まれて何も見えない。


まあ、寝るしかやることはないですな・・・( ̄▽ ̄)










でも星空撮影も今回のミッションなのですよ。



そのために三脚とレンズも担いできた。



熟睡することもなく、ちょいちょい外を覗いて確認する。
このガスは夜中には絶対に下りるはずなんだから!







そして思った通り、夜中には雲一つない満天の星空に!










a0145819_10523538.jpg











やっぱ、下界とは見える星の数が違う!!
a0145819_1053447.jpg










しかしここで、大失敗を犯してしまった!( ̄□ ̄;)!!










この写真を見てください。



a0145819_1055647.jpg




分かりますか?


画面中央部分だけ、星の数が少ない。





そうです!




結露です!




レンズが凍ってしまったのです!




こうなることは重々承知だったので、ちゃんとレンズヒーター巻いてましたよ。
しかしですね、レンズヒーターのコードが、キチッとバッテリーに刺さってなかったのです。
llllll(-_-;)llllll




ちゃんと撮れたのは最初の15~20分ほどでした。
途中でなんかヘンだな?と思ったらレンズが真っ白に、、、llllll(-_-;)llllll・・・





そこであえなく星景撮影は終了となりました・・・( ̄▽ ̄)









ということでまたテントに入ってシェラフにもぐりこんだのでした。

寒い、寒い、、、





山頂でご来光を見るために4時には出発予定です。
少しでも眠らないと、、、






(-.-)Zzz...






≪ 後編 ≫ へ続く!






*** yukkiさんとしずの記事も見てね♪ ***


yukkiさんの記事 → 憧れのトムラウシ山へ【 紅葉の絶景をゆく!! 】 VOL.1
       憧れのトムラウシ山へ【 王冠への道 】 VOL.2
                憧れのトムラウシ山へ【 王冠のパワースポットを満喫!! 】 VOL.3


しずの記事 → 南沼泊でトムラウシ~紅葉を満喫~①
        南沼泊でトムラウシ~山頂を満喫~②






***
by yah-_-yah | 2017-09-21 06:00 | 登山(表大雪) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/237769979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Komugi-40 at 2017-09-21 06:27
すっごーーーーーーーーーーい!!
紅葉が本当に綺麗ですね。
こちらで観れるものとは根本的に違います^^;

星空も綺麗!
凍結、そんな問題もあるんですね。
私の知らない世界ばかりに感動しました♪
Commented by yah-_-yah at 2017-09-21 08:25
●小麦さん
大雪山の紅葉は「日本一早い紅葉」と言われますが、ただ早いだけでなく、綺麗でもあります。
山の紅葉って下界の紅葉とはまた一味違いますよね。
山肌にまだら状にポツポツと色んな色があってキレイです。

星空撮影では夏でも結露がありますので、夏でもやっぱレンズヒーター必要な時がありますね。
Commented by はすかっぷ at 2017-09-22 00:34 x
色鮮やかで綺麗ですね♪(*´∀`)
またトムラウシに行きたくなっちゃいます(о´∀`о)
この時季でもレンズヒーターは必用なんですね〜(゜゜;)レンズは凍ってもそのあとはなんともないんですかぁ?(;゜゜)
Commented by yah-_-yah at 2017-09-22 04:42
●はすかっぷさん
紅葉時期のトムラウシは初めてだったんですが、綺麗でしたね~!
やっぱ、トムラウシはいい山です!
レンズが凍ってしまったら放置して自然乾燥です。
凍ると言ってもレンズの前玉の表面だけなので、乾燥すれば問題ないです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 3年ぶりのトムラウシで紅葉と絶... セグロカモメ >>