3年ぶりのトムラウシで紅葉と絶景を堪能する! 2017.9.16~17 ≪ 後編 ≫

a0145819_19393129.jpg


これまでのお話はこちら → 3年ぶりのトムラウシで紅葉と絶景を堪能する! 2017.9.16~17 ≪ 前編 ≫






さて星空撮影が不完全燃焼に終わったあとは、再びシェラフに潜り込んだ。



ナンガのシェラフはこんな時期でも暖かく、寝汗をかくくらいなのだが、
朝方になると気温はグンと下がり、足先が冷たくなるほどだった。

足先が冷たいから丸くなって寝たりしていた。











浅い眠りで何度も目覚め、その度に外を確認する。
いつの間にか細い三日月が昇っていたが、ガスが濃くて星は全く見えなかった。










そうこうしてるうちに出発予定時間近くになったが、相変わらずガスは濃い。
これじゃあご来光は(たぶん)期待できないし、明るくなってから登ろう!
シェラフの中でぬくぬくしながら決定した!

・・・またしてもへっぽこ隊らしくヘタレた ( ̄▽ ̄)










外が薄明るくなってきた頃、湯を沸かして中華スープを飲んだ。
美味かった。身体が温まる。
a0145819_1221639.jpg












朝は氷点下まで冷えたようだ。テントもパリパリだった。
a0145819_12233344.jpg






チングルマのフリル!
a0145819_12244454.jpg






綺麗だ~!これ見れるのも早朝だけ!
a0145819_12385214.jpg











ガスは相変わらず動いていてスッキリしないが、きっと山頂はガスの上のハズ!
さあ!山頂へ行くべし!( ✧Д✧) カッ!!
a0145819_12265522.jpg










ガスで眺望はないけど、足元の風景が美しい!
写真を撮っててなかなか先に進まない。
a0145819_12335954.jpg






a0145819_12353741.jpg






a0145819_1236631.jpg











そしてやっとガスの上まで来た!
少し遅れて登ってきたyukkiさんたちに手を振るしず。
a0145819_12373330.jpg






masaさんとyukkiさん
a0145819_12385443.jpg






そしてしず。

それにしてもメチャ広い雲海だ!!
a0145819_12395049.jpg






yukkiさんを撮るmasaさん。
バックの雲海がすごい迫力!
a0145819_2002888.jpg
















そして2度目の山頂だーー\(^0^)/
それにしても標識の文字、書き直してくれんかなー。
字が薄くて見えんがなー
a0145819_12405118.jpg











表大雪方面も雲海の上だ!向こうも景色が良さそう!
a0145819_12415636.jpg






石狩連峰も頭だけ出してる!
a0145819_12423233.jpg






表大雪!
a0145819_1243226.jpg

ちなみに十勝連峰はガスの中だったよ。向こうの人は景色見えなかっただろうなぁ。。。





感動的な雲海の景色!
これだから山泊はやめられない!
a0145819_12445435.jpg






うーーん。これなら雲海から昇る朝日が見れたかもしれんなぁ。。。
・・・と、思っている。( ̄▽ ̄) まあいいか ( ̄▽ ̄) へっぽこ隊やしね、、、
a0145819_2035491.jpg












そしてyukkiさんが到着し、抱擁する二人!
a0145819_12454315.jpg








yukkiさん、ばんざーい!\(^0^)/
a0145819_12471977.jpg






しずもカッコつけてる ( ̄▽ ̄)
a0145819_12481066.jpg






出た~~~!へっぽこポーーーーズ!!
a0145819_12485379.jpg











トムラウシ山頂なのに風もほとんどなく、寒さも感じない。
メチャ広大な雲海で感動的な光景。


こんな快適な山頂なのに、他には誰もいない。
この絶景を自分ら4人だけで独占!なんて贅沢なんだ!






4人で記念撮影!!
a0145819_1251495.jpg







ちょっとバラけた感じにしてカッコつけてみた。
だ~~れもいないから、好きなこと出来る (*^.^*)
a0145819_12515592.jpg








雲海に浮かぶ城。ブロッケンも写っているよ。
a0145819_1383612.jpg






こんな絶景を目前にして、テンション上がらない人はいないよね。
a0145819_1393511.jpg











いつまでもそこに居たくなる山頂だけど、下山までの道のりも長い。
そろそろ下りねば、、、









さようなら、トムラウシ!




絶景をありがとう!




必ずまた来るよ!










a0145819_1311319.jpg
















ガスに包まれて見えなくなってしまう前に、トムラウシにもう一度さよならを告げる。
a0145819_16325765.jpg












テン場まで降りてくるとガスに覆われていた・・・
既に撤収してなくなってるテントもチラホラ・・・
a0145819_1634413.jpg











この日の天気は下り坂。
いつ雨になるとも分からないから、少しでも早く下山したい。



とはいえ、飯だけは食わなくては!
腹が減っては下山が出来ん ( ̄▽ ̄)





ジェットボイルで素早い湯沸かし ( ̄▽ ̄)
a0145819_16574182.jpg






朝食はどん兵衛。
これは携帯に便利なカップなしのどん兵衛だ。
荷物が多い時に通常のカップに入ったインスタント麺は邪魔になる。
a0145819_16593048.jpg






容器も山で便利な、折り畳みの容器だ。
蓋も付いてるし、カップ麺とかカレー飯とか作るのにいいよ、コレ!
a0145819_1741175.jpg






寒い時には温かいものがええですなー 美味い (T△T)
a0145819_175932.jpg












飯を終えたら撤収作業。
これまた慣れないから時間かかる。
なんだかんだで9時半くらいになってしまった。
a0145819_1774352.jpg








昨日のスタート時に担いできた水は4.6㍑。
下山開始時にはそれが1.5㍑。


水の分で確実に3㎏減っているはず。
なのにザックはそれほど軽く感じない。


自分で出した分は携帯トイレでまた持ち帰るし、テントが濡れて重くなっている。
全体としては多少軽くはなってるだろうが、体感できるほどではなかった。










トムラウシ公園もガスの中。
a0145819_19481146.jpg






ここのナナカマドの色がメチャクチャ綺麗なのだった!
a0145819_1949020.jpg






さよなら、トムラウシ公園!
また、来るよ!
a0145819_19502790.jpg














ガスガスの中の紅葉もまた綺麗だ。




ギラギラ太陽の光を反射しない分、むしろしっとりと鮮やかに映る。
a0145819_195218100.jpg






見とれてしまう美しさ!
a0145819_19525998.jpg











ナッキーコールがあちこちから聞こえるが、残念ながら撮影してる時間はない。
a0145819_19535266.jpg






トムラウシはナッキー天国だ。
至る所にナッキーが生息している。南沼のテン場でもあちこちから聞こえていた。
しかも深夜の星空撮影中にも鳴いてるヤツがいたよ 夜は寝なさい( ̄▽ ̄)
a0145819_2061627.jpg











yukkiさんも紅葉撮影に余念がない ( ̄▽ ̄)
a0145819_2081484.jpg





yukkiさんが撮影してる方向の景色はこんな感じ ( ̄▽ ̄)
a0145819_2094522.jpg











さあ!コマドリ沢分岐はもうすぐだ!
a0145819_20105892.jpg











ということで、ランチタイム♪
ほんと、ここはいい休憩場なのだ。水も豊富にあるし ( ̄▽ ̄)
( ただし沢水はそのままでは飲めません )
a0145819_2012485.jpg











しかし沢に降りたら、当然ながらまた登らなきゃならないワケで、、、
終盤での登り返しが辛い、、、
a0145819_20144219.jpg











相変わらず足元はドロドロなんだけど、頭上は綺麗やのぅ。。。( ̄▽ ̄)
a0145819_2171559.jpg











空はどんよりしており、時々ポツポツと雨が落ちてくる。
頼むから下山完了まで本降りにならないでくれ~、と祈る。
a0145819_21104450.jpg








疲労困憊してるし、肩と背中は痛いし、集中力を切らすと足元のドロで滑るし、、、
疲れていても気の抜けない道を、とにかく一歩一歩進むのです。



とにかく、右の足と左の足を交互に出し続けていれば、いつかは到着する!そう思いながら・・・





しずも相当に疲労している。
色々と声をかけて気持ちを鼓舞する。




山で絶景を見た時に、「サイコー!今日来てよかった~!」って思うものだが、
本当に喜ぶのは無事に下山してからだ。



よく言われているように登山の事故は下山時に起きやすい。
無事に下山完了した時こそ「いい山行だった」と思うようにしよう。



今回も「いい山だった」と思うためには、無事に下山しなくちゃいけない。




そんなことを考えながら淡々と歩く。












そしてやっと!温泉コース分岐に来た!
ゴールまであと1.1㎞。
この先はなだらかでほとんど危険はない。
a0145819_21164275.jpg






そこからはさらにスピードアップして、黙々と歩いた。
そして15分弱で無事に登山口に着いた。

\(^0^)/
a0145819_21182166.jpg











そしてほどなくしてしず、それにyukki&masaさんも到着した。
a0145819_21192036.jpg




よかった、みんな無事に下山出来た!
怪我なく無事に降りてこれた!
雨も何とか降らずに持ってくれた!




無事の下山を喜び合う。
a0145819_21203622.jpg






yukki&masaさんはこのあとyukkiさんの実家に行くというので駐車場でお別れした。
二人が僕らを見送ってくれた。





ありがとう、ありがとう。

一緒に行ってくれてありがとう。

楽しい時間を共有できたこと、本当にうれしいです。












下山後の温泉はモチロン、東大雪荘
a0145819_2129353.jpg

日帰り入浴は500円とリーズナブル。
しかも20時までOKという、登山者への配慮がうれしい。




ここには靴洗い場もあって、僕らも使わせてもらった。
何しろあの泥沼を歩いた靴はそりゃもうひどいドロドロなのだ。
ローカットの靴で歩いた人は靴の中までドロドロで、裸足になって洗っていたよ。
超冷たそう~((((;゚Д゚))))
a0145819_21251212.jpg





お風呂のあとは頑張った自分へのご褒美。
a0145819_21255150.jpg






自宅への帰り道は超眠かったが、しずと交代しながら運転した。







そして無事に自宅の敷居を跨いで、この旅は終了した。









=============================================









山を登る目的は人それぞれあると思う。





自分は決してピークハンターではない。





山で見る景色や花や動物の写真を撮ったり


山でのんびりと過ごす時間を楽しんだり




そういうのが好きだ。







なので天気は重要だ。







雨の中レインウェアを着て何も見えない中を黙々と歩いて山頂に到達する。
そういうのは自分はダメ。


そういう苦行みたいは山行はしたくない。
何日かかけての縦走の中で、そういう日があるのは仕方ないけどね。






自分たちも実際、2013年に訪れた時 はテントを張った後で天気が悪化。
その後雨ザーザー。
結局翌日もピークを踏むことなく下山したことがあった。





そういうのだけは避けたかった。





今回、トムラウシ初挑戦のyukki&masaさんのためにもいい天気になって欲しかった。




天気さえ良ければ、必ずいい景色が見れる!


それを見せてあげたかった。


そして自分が好きなトムラウシに、二人もいい印象を持って欲しかった。







この山、いい山なんだけど、もし天気が悪くて何も見えなかったら?



あの酷いドロドロ道の印象だけが強く残って、
自然とトムラウシに対する嫌悪感なり苦手意識が刷り込まれるだろう。



それだけは避けたかった。







でも、今回は本当に良かった!



きっと二人もトムラウシを好きになってくれたことと思う。









ありがとう、トムラウシ!


a0145819_12421722.jpg














【 参考タイム 】


登り 登山口→南沼 約8時間30分  南沼→トムラウシ山頂 約30分
下り 南沼→登山口 約6時間30分







*** yukkiさんとしずの記事も見てね♪ ***


yukkiさんの記事 → 憧れのトムラウシ山へ【 紅葉の絶景をゆく!! 】 VOL.1
       憧れのトムラウシ山へ【 王冠への道 】 VOL.2
                憧れのトムラウシ山へ【 王冠のパワースポットを満喫!! 】 VOL.3


しずの記事 → 南沼泊でトムラウシ~紅葉を満喫~①
        南沼泊でトムラウシ~山頂を満喫~②







***
by yah-_-yah | 2017-09-22 06:00 | 登山(表大雪) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://yah55.exblog.jp/tb/237772815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukki6727 at 2017-09-22 08:32
yahさん おはようございます!!

朝からyahさんのブログに見惚れて遅刻しそうになりましたよ(^-^;
今回の山行は素晴らしすぎる時間がてんこ盛りで
未だに夢の中から覚めていない感じです(笑
それ位に感動的な2日間でした
なので、もちろんトムラウシ大好きになりましたよ♪

我が家もまったくピークハンターではありませんが
私の野望は復活しております
次は「神遊びの庭」まで行きたいと萌えております!( ✧Д✧) カッ!!
その時はよろしくお願いします。

2日間、素敵な時間をありがとうございました

PS、yahさんの男気は十分見せてもらいましたよぉ♪
Commented by yah-_-yah at 2017-09-22 08:45
●yukkiさん
おはようございます!
yukkiさんのVOL2も読ませてもらいましたよ~!
トムラウシ公園に向かってyukkiさんがどんどん加速して行った理由が分かりました!(笑)

しかし高い山の上に自然が作ったあんな庭園があるなんて不思議ですよね!
まさに『神々が作った庭』!
異世界に来たような不思議な感覚になりますね。
そこまで自分で歩いて到達した感動。

来年は「神遊びの庭」まで行きましょう!!
Commented by echalotelle at 2017-09-23 04:08
秋のトムラウシ!素晴らしい~、美しい!!
みなさんで美しい景色の中で登頂、そして無事下山、おめでとうございます。
好天に恵まれて、ほんとによかったですね。
濡れたテント、重いですね… 背負ったことがあるので、よくわかります。
この秋の紅葉の写真も楽しみにしています!
あ~、私もまたトムラウシに登りたいな~~(*‘∀‘)
Commented by まぁさ at 2017-09-23 17:51 x
はじめまして。yukkiさんのところから飛んできました。
トムラウシの素晴らしい写真をありがとうございます。
今回は台風で諦めてしまいましたが、来年こそは自分の目であの景色を見たいなぁと思います。
へっぽこ隊長との楽しい記事をさかのぼって読ませていただいてます。
また、お邪魔しますね~
あ、私もサンヨンと14-24mmで写真を撮ってます^^
Commented by yah-_-yah at 2017-09-23 20:20
●echaloteさん
今年の紅葉は何十年に一度の綺麗さなんて言われてました。
その紅葉がちょうどこの日当たりがピークだったと思います。
翌日の台風の影響でナナカマドの葉は結構落ちてしまったようです。
濡れたテント、ずっしりです(>人<;)。
乾くまで待ってる時間的余裕がないのでやむを得ないです。
今年の下界の紅葉はどうでしょうかねぇ~。
この頃天気が悪いし、色づく前に枯れてしまわないか心配です。
Commented by yah-_-yah at 2017-09-23 20:24
●まぁささん
初めまして。ご訪問とコメントありがとうございます。
トムラウシ、いい山ですね~!
日帰りでも行けますが、泊まりで行った方がいい景色見れます!

へっぽこ隊長は下界にいる時はデカい事言うけど、現場(山)ではすぐにヘタレます。
下界での話だけ聞いてると「この人はスゴいのか?」と誤解してしまう危険性があります。
その辺りを理解して話1/5くらいで聞いておいてください(笑)

サンヨンも14-24もいいレンズですね~!
特にサンヨンは稼働率が圧倒的にNo.1で、自分にはなくてはならないレンズです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 秋色の樽前山~久しぶりの親子登... 3年ぶりのトムラウシで紅葉と絶... >>