原発について考える

福島第一原発がたいへんなことになっている。
世界的に見ると、恐らく地震や津波よりこちらの方が関心が高いと思われる。

原発については肯定派の人も反対派の人もいるだろう。
でも一番多いのは『無関心派』ではないだろうか。
原発の近くに住む人を除けば、ほとんど無関心なんではなかろうか。

放射線を使う仕事に従事してる僕でさえそうだ。
原発についてほとんど何も知らない。

そんな無関心な人にも届く情報と言えば、
政府や電力会社が発信する宣伝記事くらいだ。

つまり原発の「正」の部分の情報はなんとなく得る機会もあるが、
逆に「負」の情報は関心を持って調べないと得られることは少ない。

原発について考えるきっかけになるいい記事がある。
この記事の真偽について解るほど、僕は原発に詳しくはない。
ただ、いい判断材料のひとつになるとは思う。
有名な記事のようなので、読まれたことがある方もいると思うが、
もしまだなら是非いちど読んでみてほしい。
↓ ↓ ↓

 
原発がどんなものか知ってほしい



この記事は阪神大震災の翌年(1996年)に書かれた記事で、
筆者の平井憲夫さんは1997年に亡くなられています。
by yah-_-yah | 2011-03-15 21:39 | エトセトラ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yah55.exblog.jp/tb/12276663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by munen_mac at 2011-03-15 22:04
こんばんは。
既に、同サイトを見てました。他に相当危険と言わざるを得ないサイトまで見る事に…
今回を教訓に、今一度神話?を再考すべき時期なのかもしれませんね。

Commented by yah-_-yah at 2011-03-15 22:09
●munen_macさん
「核の安全利用」、と言いますが、、、
百歩譲って?利用してる間だけは安全だったとしても、
後に残されたものは危険しかないんではないか?
という気がします。
名前
URL
削除用パスワード
<< ガンバレ、自衛隊! DX 35mm f/1.8G ... >>