光漏れレンズ、修理から戻る

これは
ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED の鏡筒から光が漏れる
ということに関する記事の3回目(かつ完結編)です。
以前の記事はコチラです→ 1回目 2回目

今日仕事から帰ると、レンズの修理が出来て届いていた。
こんなに早く戻ってくるとは思ってなかったからビックリ。
送ってから戻ってくるまでちょうど1週間だった。
a0145819_21175675.jpg

(細かい字まで読みたい方はどうぞクリックして拡大してください)

光漏れは距離窓からのようなので、距離目盛シートを対策品に交換した、ということらしい。
案外簡単な(?)修理だったようだ。

さて、ちゃんと直ったか?が問題。
早速修理前のテストと同じ条件で撮影。
参考にこれが修理前。
a0145819_21233616.jpg

焦点距離45mm、ISO200、F11、SS292秒
そしてこれが修理後。
a0145819_21255062.jpg

焦点距離42mm、ISO200、F11、SS184秒

直ってる!とりあえずこの間と同じ撮影条件なら光漏れは確認できない。

しかし、光漏れは皆無なのか??
そこでちょっと意地悪なテストをしてみた。
感度を上げて絞りを開き、より光漏れに敏感にして、さらに距離窓の部分にライトを当ててみた。
a0145819_213126.jpg

a0145819_21311284.jpg

焦点距離44mm、ISO3200、F2.8、SS30秒
やはり光漏れはあるようだ。
(光の漏れ方が違うのは、光の当て方を変えたためと思われる)
ちなみに他の焦点距離でもやってみたが、望遠端では出ないが、広角端では少し出た。
そしてどの焦点距離でも絞り込むと漏れはほぼなくなる。

完璧に光漏れがなくなったわけではないが、これなら通常使用範囲では何ら問題が出ないだろう。
ということで僕はこれでよしとした。

今回のニコンの迅速な対応には大変感謝している。

最後に、他のレンズでこの意地悪なテストをしたらどうなんだろう?
と思い、「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」でやってみた。
焦点距離は45mmくらいで、絞り開放(F4)、ISO3200、SS30秒で、同じく距離窓からライトを当てた。
こちらはそれでも全く光漏れはなかった。
他の焦点距離では試してないが、全てのレンズで光漏れがあるわけではないらしい。


***
by yah-_-yah | 2011-10-19 21:38 | カメラ・機材 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yah55.exblog.jp/tb/13842240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by extreme_tk at 2011-10-25 16:22
はじめまして。
光漏れで去年修理に出しましたが交換部品が違います。
光漏れとAF不具合の修理で交換部品がGMR部組・メイン基板部組で
距離目盛シート部組という部品は交換されませんでした。
修理方法が違うようですね。
うちのは光漏れしていた焦点距離でしかチェックしていませんが治っていました。
Commented by yah-_-yah at 2011-10-25 18:02
●extreme_tkさん
はじめまして。
ご訪問とコメントありがとうございます。
GMR部組・メイン基板部組というのはどちらもAFに関する部品なんでしょうか。
とすると光漏れに関しては修理方法が違うのでしょうね。
もしかすると今年に入ってから「距離目盛シート部組」という対策品が出来たのかもしれませんね。
光漏れはわずかに残っているようですが、実用上は問題ないと思われるので、これでよしとしました。
名前
URL
削除用パスワード
<< アシリベツの滝 見積書 ~ニコンイメージングジ... >>