【備忘録】 ベルボン ウルトラ533ミニ + スリック マスターデラックス雲台

a0145819_5531475.jpg


ベルボンの 『 ウルトラ533ミニ 』 という三脚と
スリック マスターデラックス ブラック雲台 』 を買った。








ウルトラ533ミニはその名の通り、ミニ三脚だ。
ミニとはいえしっかりしたもので、もちろんデジイチにも使える。



実はこの三脚の前モデルである、「 ウルトラルックスアイミニⅢ 」 ってのは持っている。
両者はそっくりなのだが微妙に違う。




ウルトラルックスアイミニⅢを買った時にも備忘録で記事を書いたが、
そこに今回のウルトラ533ミニも追加してスペックを比較してみよう。
a0145819_610232.jpg

今回買った533ミニはアイミニⅢよりも背は低いのに随分重い。
その分脚が太くガッチリしており、耐荷重性能が高くなっている。




左がアイミニⅢ、右が533ミニ。
畳んだ時にはアイミニⅢの方が短い。
a0145819_5555946.jpg

ちなみにどちらもケース付き。
袋の大きさは本体以上に差がある。
533ミニの方は本体に比して袋がデカ過ぎるが、今回はそれがかえってよかったりした。
a0145819_11505197.jpg



脚の太さが違うのが分かると思う。
a0145819_6153315.jpg



しかし伸ばすと高さは逆転する。
左のアイミニⅢは6段、右の533ミニは5段なのだ。
アイミニⅢは畳んだ時のコンパクトさに比して、伸ばした時には案外高くなる。
これが山での自撮りにもかなり使える高さで重宝するんだわ。
a0145819_11142255.jpg




付属の雲台はベルボンの 『 QHD-53 』 ってやつだった。
この雲台はアイミニⅢに付いてたのと同じ。
a0145819_1117586.jpg

雲台は交換するつもりだったから三脚の脚だけ買ってもよかったのだが
Amazonで雲台付きと脚のみの差額は3,763円(Amazon価格はセットで14,935円、脚のみ11,172円)。
この雲台は定価だと10,152円もするから、セットで買った方がお得感があったのでそうした。



で、別に買った雲台は 『 スリック マスターデラックス ブラック雲台 』 。(Amazon価格6,499円)
a0145819_11232467.jpg

この雲台は最大荷重7kgとかなりガッチリしている。
その分デカいし重い。
a0145819_11533175.jpg

なぜこの雲台を買ったかというと、シマチューさん も同じのを使っていてオススメされたからだ。
「この雲台は500mmでもイケますよ」と。
それである程度重い機材を載せることも考え、脚の方も少しでもガッチリしたのがいいと思って533ミニを買ったのだ。
で、こっちのシステムはほぼTBWCafe専用になるかと思う。
アイミニⅢは登山に持っていくのにコンパクトで重宝するから手放す気はない。
むしろ生産中止になってしまったから、貴重な三脚だ。
後継機のウルトラミニシリーズは553の他に453、353とあるが、どれもアイミニⅢほどの高さはない。


で、前述した「無駄にデカい袋」のおかげで、この雲台を付けたままでも袋に収納出来たのだ。
( ちょっと不格好だが )
a0145819_1215411.jpg



この雲台の最大の特徴は1本のパン棒で、上下・左右の動きを調整・固定出来ることだ。
しかし回転方向に動かないから、水平出しするのが難しい。
a0145819_12402043.jpg

自分もまだほとんど使っていないので、水平出しをどうやってやればいいのか分からない。
一番単純に考えると、三脚の脚の長さで調整する・・・?
パン・チルト方向の自由な動きを生かすにはそれが良さそうだが、水平を出すのは面倒そうだ。
三脚を動かす度に、その面倒な水平出しをしなきゃならない・・・

まあTBWCafeのように、1度三脚設置したらそれほど動かさない場合は使い勝手がいいかもしれない。
a0145819_1303630.jpg



もうちょっとこの雲台の扱いに慣れたら追記するかもしれません、、、(;^_^A



***
by yah-_-yah | 2016-07-06 13:30 | カメラ・機材 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://yah55.exblog.jp/tb/22969225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ターヤン at 2016-07-06 17:30 x
ご無沙汰していました。この雲台は雲台で水平出しをした後、雲台レバーを緩め、カメラプレート部分だけを回転させます。
元はスポーツ報道用に販売された雲台ですがマルチに使えます。
40年ほど使っていますが(最近はウエンバリーが多いですが)丈夫で良い製品ですが、水平出しを使いこなすまで苦労させられます。
年寄りの苦言ですが、脚とのバランスが悪すぎます。ひっくり返さないように。
Commented by yah-_-yah at 2016-07-06 19:04
●ターヤンさん
ご無沙汰しておりました!
使い方をまだよく理解してないのですが、「雲台で水平を出す」というのは、
雲台を横に向けた状態でチルトを利用して水平を出すということでしょうか?
その場合、確かにカメラプレートを回転させることでパンは出来ますが、
チルトが使えなくなってしまいませんか?

脚をもっと広げた方が安定しますね。ひっくり返さないよう、気を付けます!
Commented by ターヤン at 2016-07-06 23:11 x
フリーターンは自由雲台にパン棒を付けたようなものです。上下左右水平を一緒に動かす事は難しいと思います。合わせる時は全て緩めて位置を合わせて締めるだけです。兎に角、慣れ、体で覚えこむ雲台です。位置を決めるためにはパン棒が前や上にあっても良いのです。
スリックのHPに出ていませんでしたか。 では失礼します。
名前
URL
削除用パスワード
<< やっと、ウグイス。 美しい水の風景 苫小牧研究林 >>