冬の屋外撮影時の装備

a0145819_20223098.jpg


厳冬期の屋外撮影ではどんな格好がいいのか?

しずがそんなことをブログに書いていた。
( → 写真撮影における防寒対策について~氷点下約17度の場合 )


自分もいつも試行錯誤ではあるが、真似して先日の 大津海岸音羽橋 での服装を説明したい。









自称 『 finetracker 』 の僕としては、やはり finetrack 製品が多い。

登山をするようになって初めて買った登山用ズボンが finetrack のものだった。
当時は登山用品のブランドなんて全く知らなかったから、
秀岳荘で見て、履いて気に入ったのがたまたま finetrack だったのだ。

最近は finetrack の知名度も上がって、着ている方もチラホラ見かけるが、
僕が登山を始めた頃はほとんど着てる人はなかった。








1.インナー

先日のインナーは全てユニクロ。
極暖ヒートテック長袖Tシャツ、ヒートテックタイツ、パンツはフツーの綿のパンツ。
a0145819_21154490.jpg

ヒートテックや綿製品は速乾性がないので、汗をかいた時に冷えてしまう。
なので登山には向かないが、下界の撮影なら問題ないでしょう。



登山の時にはfinetrackの メリノスピンライト
a0145819_21203029.jpg



寒そうな時にはモンベルの スーパーメリノウールEXP
a0145819_21233115.jpg



靴下も寒い時にはメリノウール。
a0145819_21252320.jpg










2.中間着

中間着も1番のお気に入りは finetrack 。最近はこればっか。
finetrackは暖かいだけでなく、汗処理能力が高いのがいい。
a0145819_21305027.jpg


気分によって他のを着ることもある。
a0145819_21321396.jpg

a0145819_21322817.jpg







そしてさらに!
今回、厳冬期撮影用に導入したのが、finetrackの ポリゴン
a0145819_21365535.jpg

これはダウンに代わる商品で、ダウンと違って濡れに強いと言われる。

ダウンは軽くて暖かくて、自分も毎年何らかのダウン製品を買っている。
しかし、羽が抜けるのが好きじゃないんだよねー。
だから普段着にダウンは着ない。クルマの中に羽が落ちるから。
登山には中間着のダウンジャケットは持って行くけどね。


このポリゴンは ジャケットは4パンツは2UL
独特の着心地だけど、暖かいよ。
a0145819_21413511.jpg











3.アウター

アウターもfinetrackのハードシェル。
a0145819_21455729.jpg

上は エバーブレスアルマ 、下は エバーブレスアクロ
a0145819_2148369.jpg

ハードシェルは冬山やる人にはお馴染みだろうけど、下界にも使える。
ウィンドストッパーとしてはもちろん、防水なので雪にも濡れない。


そしてこれらを着るとこんな感じ。
a0145819_20223098.jpg





そしてこれでも寒かったらさらに上に着ようと持って行ったのが、ユニクロのシームレスダウンコート。
a0145819_21533514.jpg

これは今シーズン発売された商品なのかな?
ダウン製品だけど、縫い目がないから羽が抜けない。
見た目はともかく、着やすくて暖かくていいよ!

今回の撮影ではこれを着るまでもなかった。
-20以下になるような時には使うかも。








4.帽子

帽子はいっぱい持ってる。その一部。
a0145819_21555252.jpg

持って行くのは帽子1つとバラクラバ、登山の時には耳かけも持って行く。
行動中は帽子は暑い時がある。そんな時は耳かけにするか、タオルを巻くかにしてる。

寒い時にはバラクラバも使うことがあるが、これを使うとメガネが曇るのが難点。
自分の吐いた息が上がってきてメガネを曇らす。するとアッという間に凍り付く。
そして視界不良になる。

そんなワケで、バラクラバ使う事が前提ならコンタクトレンズにした方がいい。
なので冬の登山はコンタクトレンズにしている。










5.手袋

手袋もいっぱい持っている。主なもの。
a0145819_2212890.jpg


ブラックダイアモンドの薄いのとごついの。
登山の時は両方持って行くが、どちらもあまり使わない。
よっぽど寒い時にはごつい手袋を履くこともあるが。
a0145819_2225229.jpg



ニコンのフォトグラファー用手袋。
インナーとアウターのセット。
a0145819_2233993.jpg


インナーはスマホ対応で、アウターを履いても親指と人差し指は出せるようになっている。
a0145819_2244198.jpg




しかし何といっても使用頻度No.1はユニクロのこの手袋。
お気に入りだから色違いで持っている。
a0145819_2252818.jpg

カメラを扱うにはこれくらいの薄さでないとダメだ。
ごっつい手袋じゃカメラ操作出来ん。


あと、どんな時にも欠かさず持って行くのが、イスカのオーバーグローブ。
a0145819_2272848.jpg

いくらごっつい手袋を履いていても風が強い時にはすぐに手は冷たくなる。
そんな時にはこれ。
ウィンドストッパーになってるし、防水でもある。


あとは寒い時にインナーとして使う手袋。
a0145819_2282164.jpg



実際の撮影中はユニクロ手袋のみで通した。
もちろん、それだけでは寒いから、ハクキンカイロで温めながら。
それでもなお指は冷たくて、軽い凍傷になった。
半日は指先がしびれた感じのままだった。

撮影の時はカメラ操作をするという性質上、指の冷たさ対策が最も難しかった。
というか、充分な対策が出来ないままだ。









6.靴

大津海岸では濡れることが前提だったから長靴。
でも普段履いてるのよりはちょっと厚手のやつ。
a0145819_22172024.jpg

もちろん、厚手とはいえ長靴だけじゃ絶対寒いから、後で紹介するカイロを使った。




音羽橋では DannerのFREDDO N
a0145819_2221497.jpg

この靴は今年ABCマートで買ったものだが、このダナーってメーカーは知らなかった。
履きやすいし、軽い割に防寒性も高くてお気に入り。




定番の ソレルカリブー も持ってはいるが、使用頻度は極少。
a0145819_2226826.jpg

デカすぎて履いたまま運転できないし。
スノーシューを履くにもちょっと、、、な感じだし。
どういうシーンで使えばいいのだろう?と、悩んでしまう。





冬用登山靴の『 スポルティーバ ネパール エボ GTX 』 。
a0145819_22285761.jpg

冬の登山は100%この靴だし、スノーシューを履いてのトレッキングも基本的にこれ。
ワンタッチ式のアイゼンも使えるし、自分にとってはなくてはならない靴。









7.その他


ハクキンカイロ
a0145819_22314952.jpg

これを両側のポケットに1個ずつ入れている。
小まめにポケットに手を入れてこれを握っては温める。
使い捨てカイロより断然暖かい。
とはいえ、極寒の中ではこれでもぬるい。




中敷きカイロ&つま先カイロ。
a0145819_22334536.jpg

今シーズンこれを導入してから、足が劇的に変わった。
これは画期的な商品だ!
もうこれナシでは冬は過ごせない。
ごつい防寒靴履くよりも、これを入れておく方がずっと効く!
中敷き&つま先のサンドイッチにするとよりイイよ!
a0145819_22354136.jpg





サングラス。メガネ用と裸眼用。
a0145819_22364313.jpg

晴れた日には必需。サングラスしないと雪目になって痛くなるよ。
多少の防風にもなる。
でもサングラスするの忘れる事多くて、翌日に目が痛いこともしばしば(>人<;)










以上、自分が現在のところやってる対策はこれくらいです。


なにか他にいい寒さ対策があれば是非教えて欲しいです。
特に手(指)に対して。

撮影中、指の冷えだけは今のところどうすることも出来ない、、、(>人<;)





***
by yah-_-yah | 2017-02-20 22:45 | 登山(用品・その他) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://yah55.exblog.jp/tb/23665002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ST170 at 2017-02-20 23:03 x
いや〜
さすがにこちらの防寒とは比べ物になりませんね。
短時間ならまだしも、登山とかになると汗対策も必要なんですね。
それでも獲物を狙う、スゴイです。
Commented by echalotelle at 2017-02-20 23:14
おお、ハクキンカイロ!懐かしいです~
昔は、使い捨てカイロが出てくる前は、みんなこれを使っていましたね。
子どもの頃、親戚のおじさんおばさんが使っていたのを興味津々で見ていたのを思い出します。
今や登山でこのカイロを使うようになったんですね!
さまざまなウェア、以前よりもぐんぐんと進歩していますね。軽くて温かい!これがいちばんですね。
Commented by yah-_-yah at 2017-02-21 06:00
●ST170さん
先日の大津海岸や音羽橋は-20℃まではいかないくらいだったので大丈夫でした。
が、-20℃以下、-30℃近くなったりするとまた全然違います。痛くなります。
また気温が低くても太陽が出てると温かみを感じますが、夜はさらに寒いです。
Commented by yah-_-yah at 2017-02-21 06:03
●echaloteさん
ハクキンカイロは数年前から愛用しています。
やはり使い捨てカイロより温かいし、長持ちします。
今でもなくならないのは、それだけ優れているということなんでしょう。
ウェアも随分進歩しています。昔の登山に比べるとそれだけ楽になったんだと思いますね~。
Commented by minakayak at 2017-02-22 20:43 x
こういう装備的な記事がブログの読者にとって凄く参考になるんですよね。
ですが私自身のブログでは、装備的な事をなかなか記事にできないでいました。
着るものとか、道具の手入れ方法とかを、ブログの読者には知りたいのですよね~
私のブログでも、時々道具の事を書いていきたいと思います。
参考になる記事を載せると、実際にアクセス数も増えますよね。
yahさんマメですね。凄いです。
ハクキンカイロずっと気になってました。よさそうですね。
Commented by yah-_-yah at 2017-02-22 21:03
●minakayakさん
コメントありがとうございます。
こういうの書くのって、意外に面倒なんですよね~(笑)
なので、ちょっとやっつけ感のある記事なんですが、、、(;^_^A
人がどんな装備を使っていて、それに対してどんな感想を持っているのか?
たとえ感じ方が自分と違ったとしても参考になりますよね。

ハクキンカイロはいいですよ!
ただベンジンの臭いが多少するので、それが苦手な人はダメかも、、、
ハクキンカイロで食糧を温めておくのはやめた方がいいです。食べ物がベンジン臭くなります(笑)

minakayakさんの徳舜瞥でのテン泊装備、待ってます~。
名前
URL
削除用パスワード
<< 雪のシマエナガ カササギ飛ぶ。 >>