しず、半死! 雌阿寒岳ご来光登山敗退! 2018.1.7

a0145819_7232522.jpg

久しぶりの登山は雌阿寒岳、、、






=============================================



しばらくぶりに登山に行こう!



運動不足だし難易度は低めの山がいい。



天気が良さそうな方面で手ごろな山、、、雌阿寒だ!
「てんくら」でも登山指数はオールAになっている!



どうせならご来光登山にしよう!







ということで、またしても yukkiさん を道連れにして雌阿寒岳ご来光登山を計画!










日の出の遅い時期とはいえ、ご来光を山頂で見ようと思えば夜中の出発は必須。
それなのに前日の夜は想定外の大雪!((((;゚Д゚))))




道央道は通行止めで、しずは札幌から下道を通って千歳まで来る羽目に。
苦労かけるのぅ。。。(;´Д`)




自分も出発前の夜中に雪かきをした。







そして23:45に千歳の自宅を出発。






これで道東道まで通行止めならアウトだったが、
向こう方面は降ってなかったようで大丈夫だった。






=============================================






3:30に登山口に到着。yukkiさんは30分前に既に到着していた。
いつも待たせてすまないのぅ。。。(´・ω・`)










現地はチラチラと雪が降っていたが、予報は晴れとなっていた。
上に到着する頃には晴れてるはず!と信じて4時過ぎにスタート。
a0145819_17462998.jpg









登山者名簿に記入。
先行者はもちろん、ない。
a0145819_1754951.jpg









踏み跡がしっかりあるので、一安心。。。( ̄▽ ̄)
a0145819_17545164.jpg









当然ながら真っ暗なので、写真はほとんど撮ってない。( ̄▽ ̄)
a0145819_17553516.jpg









登山口の気温はクルマの温度計で-15℃程度だった。
それでも樹林帯は風が当たらないから歩くと暑くなる。
途中でフリースを脱いで、長袖Tシャツとハードシェルの2枚だけとなった。
a0145819_17572393.jpg









相変わらず雪はチラチラ降っているが、月が見えたりした時には好転を疑わなかった。
a0145819_7232522.jpg









その後樹林帯を抜けると風が当たるようになる。





強風というほどではないが、太陽が出てないから寒さが染みる。
フリースをまた着る。





樹林がないと風にさらされ、踏み跡も消える。
これで踏み跡はアテに出来なくなった。
何度か登ったことはあるので、「恐らくこっちだろう」みたいな感じだ。







手が冷たい。

手が冷たいのをガマンしていたら、いつの間にか左手中指の感覚がなくなっていた。

凍傷だ。






過去には-20℃以下の中を登山したことがあるが、ここまで感覚がなくなったことはなかった。
太陽が出てるのと出てないのとでは大きく違うのだ。









そして晴れるどころか、登るほどにガスが濃くなっていった。
歩みも遅くなり、まだ5合目過ぎたくらいだというのに、周囲は明るくなってきた。





明るくなってはきたが、視界はあまりない。
ホワイトアウトに近い状況だ。





それでもyukkiさんだけは元気に上を目指していた。





が、しずは半死状態。
「死」を意識したと言う、、、大げさな奴や、、、( ̄▽ ̄)





とはいえ、自分も指が凍傷だったし、ガスガスで何も見えないので撤退を申し入れた。










ホワイトアウトの中、半死状態のしず ( ̄▽ ̄)
a0145819_2034229.jpg











下山に備えてスノーシューをアイゼンに履き替える。





履き替えるのだが、ただでさえ感覚がないのに、手袋を履いたままではどうも上手くいかない。
チョットだけ、と思って素手で作業すると、一瞬で手は冷たくなる。






どうにもならないくらい感覚がなくなってしまった。
下山時には手袋の中で指を「グー」にして、少しでも温めた。















少し降りてくるとガスから抜けた。
a0145819_2039744.jpg






ガスから抜けるとだいぶ暖かくなる。
指の感覚が少しずつ戻ってきた。よかったよ、もげなくて ( ̄▽ ̄)
a0145819_2040076.jpg






遠くが朝日で染まってきた。
a0145819_20405214.jpg






空には月が残っていた。
a0145819_20411978.jpg






フップシ岳が朝日に染まる。
a0145819_20424318.jpg






樹林帯まで戻って来た。
a0145819_2043465.jpg






ガスの中を歩くと、人間も霧氷のオブジェと化す。
a0145819_20442062.jpg










その後サクサクと下山完了、、、
a0145819_20455090.jpg





結局その後もずっと山頂付近には雲がかかっていた。
いくら登山指数がAだったとしても、山頂までスッキリ晴れているとは限らない。















● 今回の教訓 ●


・冬の夜は寒い。


・陽の当たらないガスの中も寒い。


・スマホのGPSを確認するには素手にならなきゃならない場合があり、凍傷になる。


・太陽は偉大だ。














しかしながら、月明かり、または星明りがある中でのナイトハイクは案外気持ちのいいものだ。


周囲が白い雪だと月明かりだけでもかなり明るくなる。


機会をみてまたご来光登山に挑戦してみよう。




・・・しかし寝不足には滅法弱いので、運転では何度もフラついて危なかった、、、(;-_-)=3 フゥ







4:20入山 - 8:25下山






***
by yah-_-yah | 2018-01-10 06:00 | 登山(道東) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yah55.exblog.jp/tb/238185755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukki6727 at 2018-01-10 08:39
yahさん こんにちは(*^_^*)

冬のナイトハイク、とっても楽しかったですし
たくさんの事が勉強になりました♪
ありがとうございましたヽ(^。^)ノ

しずちゃんが半死状態。。(;゚Д゚)
ハプニングの数々を思うと相当ヤバかったのですね。。
気づかずにいたのが申し訳なかったです m(._.*)mスマソ
でもちょっと可笑しくて思い出し笑いをしてしまってますm(._.*)mスマソ
可愛いところでもありますね。。♪🎶

これに懲りずにまた誘ってください。。!( ✧Д✧) カッ!!
お疲れ様でした(*^_^*)
Commented by yah-_-yah at 2018-01-10 09:39
●yukkiさん
こんにちは(=゚ω゚)ノ

先日はお世話になりました。
冬のナイトハイク、気象条件さえ良ければ楽しいですね!
雪の中の月明りはキレイです!

こちらこそyukkiさんは元気でまだまだ行けそうだったのに
撤退させてしまって申し訳なかったです、、、m(_ _)m

小心者のしずはちょっとした事態でもすぐにいっぱいいっぱいになります ( ̄▽ ̄)
いつものことなので気にしないでください ( ̄▽ ̄)
雪道の運転しただけでもすぐいっぱいいっぱいになるので、、、( ̄▽ ̄)

その後色々案内してもらった上にランチまでごちそうになってありがとうございました!
またまた次もよろしくお願いします!
名前
URL
削除用パスワード
<< スズメの水浴び オオハクチョウ 飛ぶ >>