札幌ポートレート撮影会 2018.11.11 その② Z 35mm f/1.8 S編

a0145819_1353960.jpg

猪股聡子さん撮影会の第二弾は NIKKOR Z 35mm f/1.8 S



35mmの画角はポートレートで使うにはちょっと自分には難しいのだけど、
このZレンズをどうしても使ってみたくて撮ってみた。








今回の写真の2つのシーン。





そのどちらもが講師の磯村浩一先生のアイディアであり、自分はそれを真似ただけだ。


同じようになるように真似たつもりだが、オリジナルよりクォリティは低い ( ̄▽ ̄)











白壁をレフ版代わりに利用して。
a0145819_13101830.jpg

なんか、つまらない構図だ。
自分が撮るとつまらない写真になってしまう。


面白い構図とつまらない構図の差は紙一重というか、ちょっとした差だったりする。
そのちょっとした差に気づくか、気づかないか?


a0145819_23194796.jpg





































今度は思い切り寄ってみる。
a0145819_13104933.jpg

大口径単焦点レンズの薄い被写界深度を利用し、
手前の瞳にだけピントを合わせ、あとはボカす。


サルでも思いつく撮り方だ。





そこにもう一味、加える。





瞳意外に、ピント面にもうひとつパーツを持ってくる。
この場合は指先だ。
そうすることによって、写真により立体感が生まれる。
( もちろんこれも磯村先生の教えである )






しかし、言うは易く行うは難し。





何しろ薄いピント面だ。





瞳と指先の両方にジャスピンを持ってくるのは一苦労。





結局それがなかなかできなくて指先の方はジャスピン来てない。
他の参加者も順番を待ってるし、自分だけで時間を取るわけにもいかないのだ。
適当な所で妥協した。






難しいなぁ~ /(-_-)\・・・




難しいけど、面白いぜ! ( ✧Д✧) カッ!!






***
by yah-_-yah | 2018-11-13 06:00 | ポートレート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yah55.exblog.jp/tb/238854585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
<< 朝焼けの時間 ~今週のウトナイ湖 札幌ポートレート撮影会 201... >>