<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
【大雪紅葉】~高原温泉

a0145819_20221877.jpg


今日は天気がすぐれないし、どうしたものかと考えた末・・・
まだ行ったことのなかった高原温泉沼巡りに行ってきました。

曇りのまま持つかと思いきや、ちょうど中間地点で雨が降り始めました。
どうせすぐ止むだろうと雨具は着なかったら、結局そのまま降り続いて最後はザーザー。

まあ、このコースの見どころは前半なんでいいや、って感じで。
高原温泉に入ってから帰ってきました。

詳細レポは後日に・・・


***
by yah-_-yah | 2012-09-30 19:37 | 登山(表大雪) | Trackback | Comments(2)
白雲小屋より 2012.9.22-23

例年なら見頃のこの時期ですが、今年は猛暑の影響でまだ1~2分程度の紅葉。
色づく前に枯れてしまいそうな感じでした。

緑岳への登り。第二花畑を過ぎた辺りから。わずかな紅葉と正面にトムラウシ。
a0145819_624410.jpg

緑岳山頂。
a0145819_6264712.jpg

白雲小屋と飛行機雲。
a0145819_6273944.jpg

高根ヶ原のケルン。
a0145819_6283577.jpg

紅葉はほんの僅か。
a0145819_6292140.jpg

左下には高原温泉沼が見える。
a0145819_6301755.jpg

高根ヶ原~忠別沼の間にはメアカンキンバイがチラホラ残っていた。
a0145819_6311197.jpg

一輪のイワヒゲの姿が嬉しかった。
a0145819_632659.jpg

忠別沼と忠別岳。
a0145819_6325457.jpg

ゾエノツガザクラ系の花だろうが、上向きに花が付いてる。
a0145819_95235.jpg

西日を浴びて光るチングルマの綿毛。
a0145819_97498.jpg

白雲小屋と雲。
a0145819_974732.jpg

テン場もいっぱい。カラフル。
a0145819_982742.jpg

夕食の一時。
a0145819_991411.jpg

深夜3時。満天の星空。
a0145819_995694.jpg

流れ星もたくさん流れた。
a0145819_9104941.jpg

こんなに美しい星空が見れてしあわせ。
a0145819_9111697.jpg

朝。薄く雲のかかったトムラウシがカッコいい。
a0145819_9115733.jpg

白雲岳に向かって少し登ったところから振り返る。
a0145819_9125226.jpg

イワギキョウ。
a0145819_9132441.jpg

ウラシマツツジ。
a0145819_9135923.jpg

白雲岳山頂より。名前のわからない沼。
a0145819_9144596.jpg

白雲岳山頂より表大雪方面。
a0145819_9155169.jpg

赤岳山頂の岩の上から。
a0145819_9163116.jpg

シマリス。
a0145819_917086.jpg

赤岳からの下山途中。少しだけ紅葉。
a0145819_9175260.jpg

コケモモの花と実が一緒に!
a0145819_9183036.jpg

ホシガラス。
a0145819_9185974.jpg

アオノツガザクラは少しだけ残っていた。
a0145819_9194478.jpg

ツガザクラの実。色が可愛い。
a0145819_9201836.jpg

銀泉台駐車場が見えるところまで降りてきた。
a0145819_921193.jpg

レイクサイト臨時駐車場に一晩停めてた愛車。無事。
a0145819_9215215.jpg







***
by yah-_-yah | 2012-09-29 23:58 | 登山(表大雪) | Trackback | Comments(0)
白雲小屋story・・・(3)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by yah-_-yah | 2012-09-28 13:18 | 登山(表大雪)
白雲小屋story・・・(2)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by yah-_-yah | 2012-09-27 17:40 | 登山(表大雪)
白雲小屋story・・・(1)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by yah-_-yah | 2012-09-27 16:32 | 登山(表大雪)
いいカオ

スズさんとシズ(くれぱと)さん
a0145819_23373573.jpg


a0145819_23382795.jpg


只今精意現像中ですが、まだかかりそうです。
でも今回の山行の楽しさを少しでもお伝えしたくて、二人のいい笑顔を載せました。

いやー、楽しかったなぁーーー。


***
by yah-_-yah | 2012-09-25 06:10 | 登山(用品・その他) | Trackback | Comments(4)
大雪の星空

a0145819_0354357.jpg

9/22-23に先月のトムラウシ縦走のメンバーで、白雲小屋泊の山行に行って来ました。
22日は高原温泉-緑岳-忠別沼、23日は白雲岳-赤岳-銀泉台を歩いてきました。

澄み切った晴れた夜空に、満天の星が美しかった・・・!!

今回もまたすごく楽しい山行でした!!
登山記はもうしばらくお待ちください・・・!



***
by yah-_-yah | 2012-09-23 23:59 | 星景 | Trackback | Comments(10)
斜里岳に登れた!2012.9.15

微妙な予報の週末。
天気が悪けりゃただのドライブ&観光でもいいや!と出発したが、思いの外いい天気。

雄阿寒と左奥に雌阿寒&阿寒富士。
a0145819_22115642.jpg

清里町まで来ると、スッキリと全貌が見える斜里岳。
a0145819_22134088.jpg

清里町のコンビニで食料を調達して登山口へGO!
しかし登山道より気になるのが、そこに至るまでの林道。ここも8㎞の林道を走らねばならない。
しかしここの林道はかなりフラットで走りやすく、よっぽどローダウンしてない限り大丈夫だろうという情報を予め得ていた。
それでも林道は超ノロノロ運転ですが。

清岳荘の広い駐車場にクルマは10台あまり。ちょっと拍子抜けするほど少ない。
登山口から旧登山口まで約1㎞は使われなくなった林道を歩く。
旧登山口からは沢沿い、あるいは沢の中を歩く。渡渉する部分にはいい具合に石があって靴を濡らすことはない。
a0145819_22203261.jpg

下二股の分岐からは旧道を登る。登りは旧道、下りが新道っていうのが一般的なルートらしい。
旧道は沢、というよりほとんどが滝。延々と滝が繰り返される。こんなに滝が多いトコもあるのか!ってくらいに。
とはいえ登りに使う分にはさして難しくはなく、個人的にはとても楽しかった。
a0145819_2227462.jpg

沢の中だし、木の影も出来るので割りと涼しく登っていけます。
a0145819_22292692.jpg

速いシャッタースピードで水しぶきを止めてみた。
a0145819_22305091.jpg

ロープ場も2ヶ所あったけど、路面が割りとグリップいいので使わなくとも登れた。
a0145819_22321044.jpg

全貌は見えないが、ずーっと滝が続いている。
a0145819_22332152.jpg

右の滝は登りません。左の滝の脇を登ります。
a0145819_2235985.jpg

足元に気をつけつつ、水の流れてない部分を登ります。
a0145819_2236437.jpg

綺麗。
a0145819_22372591.jpg

こんな感じが長々と続きます。
a0145819_22381262.jpg

滝が終わると沢の水も次第に少なくなっていき、上二股で新道と合流後、枯れ沢になる。
枯れ沢の後はガレ場になるが、さして危険はない。
ガレ場を登りきって稜線(馬の背)に出ると、ものすごい強風だった。
a0145819_22413946.jpg

あまりの強風だからしばし留まって悩んでいたが、後から来た人が山頂に向かったので自分もそれに続いた。
案ずるより産むがやすし。山頂の手前のピークをトラバースするので、山がちょうど風除けになってさほど危険はなかった。
途中で振り返る。山の背から反対側にもピークがあって、そこにも踏み跡がある。
コースではないが登る人もそれなりにいるんだろう。

山頂には案外あっけなく着いた。着いた時には一人いただけだったが、すぐに混雑してきた。
山頂にいた方にお願いして撮ってもらった。
a0145819_22491042.jpg

ランチをしてると噂の “斜里岳山頂のシマリス” 登場。
a0145819_22522189.jpg

ザックを物色して食料を探してる。きっと餌を与えた登山者がいて味をしめたのだろう。
でも僕はもちろんあげません。
斜里の町とオホーツク海。右端の白い雲の下が知床連山。この雲はずっと動かなかった。
a0145819_22525699.jpg

このシマリス、山頂の登山者の間を何度も行き来してる。妙に人馴れしてる。
a0145819_2254684.jpg

しかし、可愛い。
a0145819_22544789.jpg

山頂があまりに居心地がよくて1時間ほどものんびりしてしまった。名残り惜しいが降りることにする。
雲がすごい白くてもくもくしてる。
a0145819_22561723.jpg

下りには新道を使う。しかしこの日は新道の斜面にだけ、ずっと動かない雲がかかっていた。
おかげで下る時の展望はゼロ。天気がよければ熊見峠からは山頂までの登山道が見えるようだが、、、
ハイマツや笹刈りされた道を延々と歩くだけで、超つまらなかった。
実際の時間よりもえらく長く感じられたし、精神的にも疲労困憊してしまった。
こういう退屈なルートを歩くと寝不足疲れがどっと出てくる。

ってことで一気に駐車場まで飛びます。クルマ、無事。
a0145819_2301388.jpg

タイヤが汚れるのは仕方ないですねぇ・・・
a0145819_2305298.jpg

下山後、がんばれば自宅に帰ることも可能だったと思う。
(つまり斜里岳の日帰りも可能!)
でも次の日も休みなのに帰るのも勿体無いから、知床に泊まって次の日は観光することにした。
斜里町を通る頃、夕陽が斜里岳に当たって美しかった。この角度から見る斜里岳が一番カッコいいと思う。
a0145819_233718.jpg


【参考タイム】
1:00自宅(千歳)発
千歳東→足寄まで高速利用、その後寄り道多々。
7:40清岳荘着。
(寄り道せずに直で来れば5時間程度ではないでしょうか)

8:10入山-8:24旧登山口-9:04下二股→旧道へ→10:42上二股-11:06馬の背
-11:36~12:31山頂(ランチタイム)
-13:15頃?上二股-13:21竜神ノ池
-14:00熊見峠-14:50下二股-15:36旧登山口-15:52下山

【登り(旧道)】3時間26分
【下り(新道)】3時間21分

ヤマレコの方にもっとたくさん写真載せてますので、よかったらご覧ください。



***
by yah-_-yah | 2012-09-18 23:07 | 登山(道東) | Trackback | Comments(8)
オンネトー、夜明け前。

a0145819_1916459.jpg

1年ぶり以上で土曜に休みをもらった。
9/15-16と貴重な連休(9/17は仕事のため3連休には非ず・・・)

9/14金曜の仕事を終えて、ガソリンを満タンにして帰宅。
晩御飯とお風呂のあと荷物をパッキングしてわずかばかりの仮眠を取る。

9/15深夜1:00、出発。
千歳東ICから足寄ICまで高速が使えるようになって道東も近くなった。
足寄を抜けて阿寒湖へ向かう国道241号線を走る。

走るクルマの窓からさえもよく分かるほど、星が明るく綺麗だった。
まさか星空なんて期待もしてないから、それ用のレンズは持ってこなかった。
それでもこの星を見ちゃうと素通りは出来ない。

どうせならオンネトーまで行って雌阿寒と阿寒富士も絡めて撮ろうと決める。
しかし残念ながらオンネトーに着いた頃には、わずかではあるが空は明るくなり始め、星は薄くなっていた。



オンネトーまで3時間あまり。これなら日帰りも可能だ。
それを確認して百名山を後にし、さらに先へ進むことにした。

目指すはこれもまた百名山の斜里岳。


***
by yah-_-yah | 2012-09-17 18:09 | 道東 | Trackback | Comments(8)
冬支度。

今日で既に3週間山に登ってません。
すっかりまた脚力が落ちてしまったような・・・
今度の休みは晴れて欲しいものです・・・(>_<)


ところで冬支度。
a0145819_2191423.jpg

DS3のPCDは108、ハブ径65Φと国産車にはないマイナーサイズ。
合うホイールがなかなかないのです。
(前車フォーカスの時もそうでしたが)

どうせ冬は融雪剤でボロボロになるんだから、安いホイールでいいんですが、履けるのがない。
必然的に高いホイールになってしまう。

それにしたって選択肢は少なく、メーカーに在庫切れとかなると、次の入荷は数ヶ月先なんてことになる。
なのでどうしても早めの準備が必要になります。

チョイスしたホイールは O・Z RacingLeggenda(レジェンダ)
a0145819_2115598.jpg

いや、カッコいいんですけどね。
冬に履くには勿体ない。夏に履きたいホイールです。

タイヤはミシュランの X-ICE XI3
a0145819_21211114.jpg


前車で初めてミシュランのスタッドレス XI2 を履いてみて、これがものすごくよかった。
だから次もミシュランにするつもりだったんだけど、ちょうどニューモデルの XI3 が出た。
他のタイヤは全く考えませんでした。
それほどミシュランのスタッドレスはいい!超オススメです!!
使えばその違いが分かります!!(ミシュランの回し者ではありません)


これで一応冬になっても大丈夫です。
でもクルマが汚れるし傷むから冬はキライです・・・


***
by yah-_-yah | 2012-09-09 21:23 | クルマ | Trackback | Comments(11)